聖アレッシオ教会

alessio-icone静寂な空気が流れるアヴェンティーノの丘の上のこの教会は聖アレッシオ教会として今は名が通っているが、La chiesa dei Santi Bonifacio e Alessioとも呼ばれている。それは、


この教会がは初期のキリスト教の殉教者の眠る上に3、4世紀頃に建てられた建物が元になっているからである。
殉教者は教会の後陣の下に眠っている。
その後、アレッシオの物語の方が語られるようになり、聖アレッシオ教会としての方が
名が通るようになった。

 

alessio

奥に見える鐘楼は13世紀のロマネスク様式で、13世紀の改修の時に大部分は現在の姿となった。
その後、ファサードが18世紀に大きく改築された。
この際に教会前の中庭の回廊も、中世のものからその時代のものへと変えられた。

 

alessio-3

教会を背に中庭を望んだところ。
18世紀に大幅に手が加えられた部分。

 

alessio-2

コズマーティ様式のオリジナルの床のモザイク。

 

alessio-1

 

alessio-scala

18世紀に後期バロックの彫刻、Andrea Bergondiによる聖アレッシオの礼拝堂。
階段が聖アレッシオの伝説に登場する、アレッシオが十数年の物乞い巡礼の後、
帰還して息絶えていた階段。
Andrea Bergondiはトレヴィの泉の彫刻も手がけている彫刻家。

 

 

 


聖アレッシオの伝説

ローマ元老院の息子アレッシオは結婚することにためらい、
結婚の翌日、シリア北方にむけて巡礼の旅にでる。
(花嫁にとおってはとしてはとんでもない話)

物乞いをしながらの十数年の巡礼後に帰還するが、家人も誰もがアレッシオと気付かない。
アレッシオは家の階段の下で永遠の眠りにつく。

この伝説からはずかしがりやの男性がこの教会で教会結婚式を挙げるとか。

 


 

後陣の裏にある、個人邸宅のようなかわいらしい庭の向こうにサンピエトロ大聖堂のクーポラを望むことができる。
数件隣は、鍵穴で有名なマルタ騎士団の館なので、ここから望めるのも納得。

 


■聖アレッシオ教会

 

Piazza di Sant’Alessio, 23 Roma

 

200px-metropolitana_di_roma.svgメトロB線 チルコマッシモ駅下車

 

{mosmap lat=’41.883305’|lon=’12.478892’|text=’聖アレッシオ教会’}

 

 

 

 

 

ローマをお散歩編集人

ローマをお散歩編集人です。 街歩きのヒントが見つかるかもしれません。

関連記事

トラステヴェレとジャニコロの丘 教会

ローマで最も古いキリスト教会のひとつ、サンタ・マリア・イン・トラステヴェレ教会

トラステヴェレ界隈の中心といえば、ここサンタ・マリア・イン・トラステヴェレ広場と そこに面する教会であろう。 ローマで最もふるいキリスト教会のひとつである。キリスト教が正式に宗教として認められてから

続きを読む
チェリオの丘とサンジョヴァンニ界隈 教会

サンタ・クローチェ・イン・ジェルサレンメ教会

教会の姿は比較的新しい様相であるが、由緒は古く、そして貴重な聖遺物が納められている、ローマ7教会のひとつである。 ジェルザレンメはイタリア語でエルサレム。エルサレム十字架教会となる。 古代ローマ帝国の時代にキリスト教を国 […]

続きを読む
チェリオの丘とサンジョヴァンニ界隈 教会

丸い教会、サント・ステファノ・ロトンド教会

ローマでは最も古い時代のキリスト教会 のひとつである。住宅も少ないため、人も少ない緑に囲まれたところにひっそりと佇む。道から少し入ったところにあり、緑にも覆われているため、教会の全体の姿を外から見分けるのは難しいが、

続きを読む