ポモドーロのNOVECENTO

2004年に完成した、ローマ市の依頼によるイタリアを代表する彫刻家、Arnaldo Pomodoroの彫刻、”NOVECENTO”。

ネルヴィとピアチェンティーにによる体育館施設、PalaLottomaticaの前の広場にある。名前がNOVECENTO=900と1900年代を彷彿とさせ、エウルという「らしい」タイトルがつけられている。

ローマでポモドーロといえばヴァチカン市国の庭園にもある。

 

ポモドーロの作品は概ね、そのディテールが緻密であるが、こちらはダイナミックな彫刻。

スパイラル上に上昇していくデザインがさらに動きを与えている。

円錐の下は直径7メートル、高さは21メートルのブロンズの塊。

 

閑散とした広場だが、彫刻は存在感がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


“NOVECENTO” Arnaldo Pomodoro

Piazzale dello Sporto のCristoforoColombo通りに囲まれた南側にある。

 

ローマをお散歩編集人

ローマをお散歩編集人です。 街歩きのヒントが見つかるかもしれません。

関連記事

ローマ発祥の地、パラティーノ 広場・噴水

カンピドーリオ広場

今日ではカンピドーリオと呼ばれているが、ローマ発祥から重要な場所であったカピトリーノの丘の頂上にある広場。教皇ピウス3世の時代に、その命によってミケランジェロが設計した美しい広場。その敷石の幾何学の紋様はロゴにも使われたりもする、ローマの象徴のひとつともいえる。

続きを読む
トラステヴェレとジャニコロの丘 広場・噴水

マスタイ広場とマスタイの噴水

トラステヴェレ大通りに面する、広々とした広場。中央にある噴水は一見ルネッサンス風で、サン・ピエトロ広場の噴水にも似ている。ルネッサンス時代の容姿ではあるが実は

続きを読む
E.U.R.エウル

E.U.R. エウル

E.U.R.   1942年に予定されていたローマ万国博覧会の開催のために計画された街。 ローマ万国博覧会、Esposizione Universale di Romaの頭文字をとってEUR, E.U.Rと書い […]

続きを読む