酔っぱらった罰?もの言う像、ファッキーノの噴水

ファッキーノ::ローマのもの言う像のひとりファッキーノ

崩れてしまった顔とややうなだれた感じが切ない雰囲気をかもし出す、ローマの街の有名人のひとり、ファッキーノ。ファッキーノは運び屋さんの意味で、言い伝えではアボンディオ・リッツォという名のルネッサンス時代の運び屋さんのであるとか、なんとマルティン・ルター説まである。
当時の運び屋さんで名前がフルネームで今日まで伝わり像にまでなっているのだから、なにか秘話があるのではと思うが、明らかになっている事はなにもない。
一部では酔っぱらったアボンディオの罰として大好きなワインのかわりに水を持たされているとかいう説があるが、あまり定着はしていない。
でもこのうなだれ加減、しゅんと気落ちしている雰囲気が伝わってこないわけでもない。

像のデザインは1587年ヤコポ・ダ・コンテのデザインによるもの。
ちなみに水はヴィルゴ水道から引いており、トレヴィの泉のそれと同じである。
また、ローマの都市計画が盛んであった頃の1874年に、同じ建物のコルソ通りに面していたのが移設されて今のVia Lata通りに面するようになった。

そして忘れてはならないのは、ローマの街角にいる「話す像、もの言う像」衆の一人。
ものいう像ではないが、近くのピエ・ディ・マルモと同じ頃にきれいに修復され、
それと同時に囲われてしまった。

 


Facchino
ファッキーノ

Via Lata, Roma

コルソ通りとラータ通りがぶつかる一角。

 

ローマをお散歩編集人

ローマをお散歩編集人です。 街歩きのヒントが見つかるかもしれません。

関連記事

スペイン広場からポポロ広場

スペイン広場からポポロ広場まで

  スペイン広場からポポロ広場まで スペイン広場から伸びる通りはローマのショッピングストリート。 ファッションではアルタ・モーダからプロント・モーダ(ファスト・ファッション)まで、 そしてセレクトショップ、老舗 […]

続きを読む
スペイン広場からポポロ広場 遺跡・建築

ツッカリの家

優美なスペイン階段を上って、スペイン階段から見下ろせるローマを眺めて街を満喫したあと、階段の上のトリニタ・ディ・モンティ教会の前を通る道を行くと、

続きを読む
curiosita' チェリオの丘とサンジョヴァンニ界隈

ロマニスタの聖地、祝スクデットの壁画

古代ローマ時代の下町のエリアモンティも今では素敵なエリアとなっている。 そんなエリアに、 ロマニスタの聖地がある。カヴール通りから一本入った通りに、ひっそりとある袋小路の ような場所。ジャッロロッソのジャッロ、黄色が思い […]

続きを読む