エウル国立文書館

eur-archivio-icone70万書以上の法律に関する国会、国防に関するオリジナルの文書から写真を保管する国立文書館ですが、一般に公開された施設として、図書館や自習室、また予約が必要ですが紋章に関する資料室などがあります。


建物自体は、・デ・レンツィ、ポッリーニ、フジーニたちによって1942年のローマ万国博覧会のための軍隊博物館として当初は設計されました。

ところが第二次世界大戦下、万国博覧会が中止になったため工事自体が基礎と構造体が出来上がったところで中止になりました。

1950年代半ばになって国の文書館の必要性から、文書館として機能するように手が加えられて1960年に国立文書館としてようやく建物が完成しました。

 

 

eur-archivio

 

 

 


■ 国立文書館

Archivio Centrale dello Stato

 

Piazzale degli Archivi, 27 00144 Roma

200px-metropolitana_di_roma.svg メトロ B線 EUR Fermi(エウル フェルミ駅)下車

 

開館時間

自習室: 月ー金 9.00-18.45, 土 9.00-13.00

図書館:
月ー金 09.30-12.30

会計窓口:
月ー金 9.00-14.00

紋章資料室(要予約):
月ー金 9.00-13.00

ローマをお散歩編集人

ローマをお散歩編集人です。 街歩きのヒントが見つかるかもしれません。

関連記事

カンポ・ディ・フィオーリ界隈 美術館・博物館

小ファルネジーナ宮殿/ピッコラファルネジーナ〜バラッコ美術館

建物は小ファルネジーナと呼ばれているが、建物にある百合の紋章からファルネーゼ家のものとされていたかららしい。 ところが百合はフランス軍の百合の紋章である。それでも

続きを読む
回廊::回廊のチケット売場からここへ入る
パンテオンからナヴォナ広場 美術館・博物館

ドーリア・パンフィーリ美術館

私設の美術館としてはかなり大きく、なんといってもその一族の審美眼はすばらしい。展示してある絵画や彫刻も重要なものが並んでいるが、またその建物の内装、家具調度が素晴らしい。また、長いこと公開していなかったので、保存状態もよ […]

続きを読む
中庭に面したロッジァ::古代ローマ皇帝たちがお出迎え
パンテオンからナヴォナ広場 美術館・博物館 遺跡・建築

ローマ国立博物館-アルテンプス宮

ナヴォナ広場に程近い、カンポ・マルツィオ地区のアルテンプス宮の国立博物館。 1568年にドイツ系家系出身のアルテンプス枢機卿がパラッツォを購入し、今日までアルテンプス宮と呼ばれている。

続きを読む