主よ、何処へ ドミネ・クォ・ヴァディス教会

足跡のある石版::イエスのものとされている。こちらはレプリカ

 「主よ何処へ?」「ローマにもう一度十字架にかけられに」と、キリスト教徒弾圧のひどかった皇帝ネロの時代に、

ペテロがローマがから逃れようとすると、イエスに出会い、こんな会話をした、といわれているところ。

教会の

その起源は9世紀とも言われるが、1600年代に現在の姿になっている。

枢機卿フランチェスコ・バルベリーニの命により教会のファサードがつくられた。

教会の内部には、キリストの足跡とされる大理石版のレプリカがある。オリジナルはサン・セバスティアーノ・フオーリ・レ・ムーラ教会の

近くにある。

この足跡の石版は、一説によると旅の無事を祈るため、もしくは無事に旅から帰還した感謝の気持ちのとして

作られた習慣があったという。

この足跡から、この教会はサンタ・マリア・イン・パルミス(パルミスは足)教会ともいう。

教会内部はこじんんまりと非常にシンプルである。

この石版のあるところは、現代の芸術家によって、街道のように石が敷かれ、その両端には

それぞれイエスとペテロがフレスコ画で描かれ、先の有名な、ドミネ・クォ・ヴァディス〜

主よ何処へ?と会話している。

身廊のない、間口の広くない空間でこそできるインスタレーションである。

また小説「クォ・ヴァディス」の作家で、ポーランドのノーベル賞作家

ベンリク・シェンキェビッチの像がある。

ここで、ペテロがイエスに会わなかったら、ペテロは果たしてローマの聖人となっていたであろうか、

とふと思った。

■ギャラリー

 


 

■ドミネ・クォ・ヴァディス教会 サンタ・マリア・イン・パルミス教会

 Chiesa di Domine Quo Vadis Santa Maria in Palmis

 Via Appia Antica 51, Roma

 9:00-18:00

■アクセス

 バス218番(サン・ジョヴァンニより)

 

 

{mosmap lat=’41.867068’|lon=’12.503207’|text=’ペテロの運命を変えた?ドミネ・クォ・ヴァディス教会’}

 

※この記事の内容は掲載時のものであり、現在と異なる場合があります。

ローマをお散歩編集人

ローマをお散歩編集人です。 街歩きのヒントが見つかるかもしれません。

関連記事

トラステヴェレとジャニコロの丘 教会

ローマで最も古いキリスト教会のひとつ、サンタ・マリア・イン・トラステヴェレ教会

トラステヴェレ界隈の中心といえば、ここサンタ・マリア・イン・トラステヴェレ広場と そこに面する教会であろう。 ローマで最もふるいキリスト教会のひとつである。キリスト教が正式に宗教として認められてから

続きを読む
チェリオの丘とサンジョヴァンニ界隈 教会

サンタ・クローチェ・イン・ジェルサレンメ教会

教会の姿は比較的新しい様相であるが、由緒は古く、そして貴重な聖遺物が納められている、ローマ7教会のひとつである。 ジェルザレンメはイタリア語でエルサレム。エルサレム十字架教会となる。 古代ローマ帝国の時代にキリスト教を国 […]

続きを読む
チェリオの丘とサンジョヴァンニ界隈 教会

丸い教会、サント・ステファノ・ロトンド教会

ローマでは最も古い時代のキリスト教会 のひとつである。住宅も少ないため、人も少ない緑に囲まれたところにひっそりと佇む。道から少し入ったところにあり、緑にも覆われているため、教会の全体の姿を外から見分けるのは難しいが、

続きを読む