ハドリアヌスの神殿-現・証券取引所

tempio-adriano-iconeVia del Corsoからパンテオンの方へ歩いていると、ふと神殿らしき柱が並んだ小さな広場が開けます。

美しいものを愛し、審美眼のあった皇帝ハドリアヌスを神として崇めたハドリアヌスの神殿です。


正面左には建物が時代のかけ離れた建物が食い込んでいます。神殿より1500年ほど新しい、17世紀の建物です。

ここは現在はローマの証券取引所となっています。

ローマも首都ですから証券取引所があって当然ですが、なんかピンときませんね。

イタリアで経済というとどうしてもミラノやトリノのような北の都市を思い浮かべてしまいます。

 

tempio-adriano-2

 

証券取引所はもともと教皇の特別注文の家で、建築家カルロ・フォンターナとその息子が1600年代の終わりに完成させました。

 

tempio-adriano-1

現在、柱が見えているのはもとの神殿の南側の15mの高さのコーニス式の柱とその背後に見える孔の開いた壁。

やや色がついているは、ローマの南のアルバーニで採れる火山の噴火できたペペリーノという石です。

火山の国だったことを思い出させます。

色は違いますが、日本ではトラバーチンとして一時期よく使われた石も、孔のあいた、似たような感じの石です。

 

この神殿のレリーフの多くは、カピトリーニ美術館で見ることができます。

 

 

 


 

ハドリアヌスの神殿

現・ローマ証券取引所

 

Piazza di Pietra

 

 

 

 

ローマをお散歩編集人

ローマをお散歩編集人です。 街歩きのヒントが見つかるかもしれません。

関連記事

外からでも金網越しによく見える::全容がわからないので想像を掻き立てる
トゥスコラーナからチネチッタ 遺跡・建築

セプティミウス・バッススのヴィッラ

ここに来たとき、ローマの街にある古代ローマ時代の遺跡の数の多さを改めて思った。 見渡す限り広がる草原に崩れかけた遺跡。管理所の手間を考えてのことであろう、 常に一般公開されているわけではなく、

続きを読む
トラステヴェレとジャニコロの丘 遺跡・建築

モレッティの青年の家

蚤の市で知られるポルタ・ポルテーゼがある通りに、ルイジ・モレッティの「トラステヴェレの青年の家」と呼ばれるユースホステルであった建物がある。現在はそのホールは展示のための空間となっていて、建築にちなんだ企画展などが催されている。

続きを読む
パンテオンからナヴォナ広場

パンテオンからナヴォナ広場へ

  ナヴォナ広場からパンテオン界隈 このエリアはそぞろ歩きを楽しみたいエリア。最初からコースを決めないで、 あっちへ行ってみようか、こっちへ行ってみようか、がおすすめ。   古代のローマの遺跡に沿って […]

続きを読む