ローマ国立博物館-バルボのクリプタ

バルボのクリプタは、紀元前13年にルキウス・コルネリウス・バルボがカンポ・マルツィオ(カンプス・マルティウス)に建てた

劇場付属のアーケードのある中庭。

そこで発掘されたもの、中世のローマの展示物が見どころとなっている。

かつてのローマ中世博物館といっしょに、新しい国立博物館として生まれ変わった。


■ ローマ国立博物館 バルボのクリプタ
Museo Nazionale Romana Crypta Balbi

Via delle Botteghe Oscure 31-Roma

開館時間
火曜-日曜日 9:00 – 19:45
チケット売り場は閉館の1時間前に閉まります。

月曜日、1/1、12 /25 休館

入館料 7ユーロ
3日間有効で、マッシモ宮、ディオクレティアヌス浴場の国立博物館、アルテンプス宮とあわせて1回ずつ入場できる。

Info
+39.06.39967700 (月曜-土曜日 9:00-13:30 、14:30-17:00)
前売り券 www.pierreci.it (外部のホームページへリンク)

 

※この記事の内容は掲載時のものであり、現在と異なる場合があります。

ローマをお散歩編集人

ローマをお散歩編集人です。 街歩きのヒントが見つかるかもしれません。

関連記事

カンポ・ディ・フィオーリ界隈

カンポ・ディ・フィオーリ界隈

カンポ・ディ・フィオーリ界隈 ローマっ子に外国人だらけのエリア、と揶揄されつつも、 ルネッサンスのパラッツォと職人の工房のある中世の建物がところどころ残ったエリアが共存している面白いエリア。 なんといってもカンポ・ディ・ […]

続きを読む
カンポ・ディ・フィオーリ界隈 美術館・博物館

小ファルネジーナ宮殿/ピッコラファルネジーナ〜バラッコ美術館

建物は小ファルネジーナと呼ばれているが、建物にある百合の紋章からファルネーゼ家のものとされていたかららしい。 ところが百合はフランス軍の百合の紋章である。それでも

続きを読む
回廊::回廊のチケット売場からここへ入る
パンテオンからナヴォナ広場 美術館・博物館

ドーリア・パンフィーリ美術館

私設の美術館としてはかなり大きく、なんといってもその一族の審美眼はすばらしい。展示してある絵画や彫刻も重要なものが並んでいるが、またその建物の内装、家具調度が素晴らしい。また、長いこと公開していなかったので、保存状態もよ […]

続きを読む