「映画都市」、チネチッタ

映画の街ローマの象徴、チネチッタ撮影所はフェリーニの映画から、今日のハリウッド映画まで、またはイタリア国内の人気テレビ番組が撮影されたりしています。フェデリーコ・フェリーニの映画ではこの撮影所自体が舞台となった「インテルヴィスタ」や「Donne 8 1/2」などがあります。

撮影所はムッソリーニのファシズム政権下、「映画都市」「大学都市」などの都市計画の一環で、「映画都市」として1937年に誕生しました。

メトロA線のCinecittaチネチッタ駅からトゥスコラーナ通りをカステッリ・ロマーニの方へ向かうとまもなく到着します。 通りの反対側には古代ローマ水道橋が並行して走る、のどかなエリアです。 途中、歩道にはフィルムのデザインをあしらった歩道や、俳優の名前が入ったスターが埋められています。 その名も Via del Cinema 映画通り。 この歩道は、メトロA線のSubaugusuta(スバウグスタ)辺りにも続いています。
庶民的なエリアなので、観光のそれ、というよりかは、むしろ浮いている感じがしないでもないですが。
この通りは近年のものです。

Sbaugusta(スバウグスタ)にはIstituto Nazionale Luceというムッソリーニが1942年にプロパガンダ作成のためにつくった施設があり、 現在ではこのエリアの市役所の出張所になっています。
ムッソリーニ時代のアーカイヴ映像を見ると、Istituto Luceというテロップがでてきます。

チネチッタ撮影所にしろ、Istituto Nazionale Luceにしろ、ファシズム政権下の合理主義の建築です。
Istituto Nazionale Luceにおいては古代ローマ」を復興させたかったムッソリーニだけあって、Istituto Luceの表記もラテン語風にuをvと表記してIstitvto Nazionale Lvceとなっています。

現在でもこの界隈には少数精鋭の映画学校や専門学校などが集まっています。
Istituto LuceではドキュメンタリーのDVDや写真などを購入することができます。

ここ数年、秋にはローマ国際映画祭が開催されますが、中心となるのはフラミニオにある総合音楽ホールです。

 


■ チネチッタ
Cinecittà

 

メトロA線 Cinecittà

 

ローマをお散歩編集人

ローマをお散歩編集人です。 街歩きのヒントが見つかるかもしれません。

関連記事

外からでも金網越しによく見える::全容がわからないので想像を掻き立てる
トゥスコラーナからチネチッタ 遺跡・建築

セプティミウス・バッススのヴィッラ

ここに来たとき、ローマの街にある古代ローマ時代の遺跡の数の多さを改めて思った。 見渡す限り広がる草原に崩れかけた遺跡。管理所の手間を考えてのことであろう、 常に一般公開されているわけではなく、

続きを読む
トラステヴェレとジャニコロの丘 遺跡・建築

モレッティの青年の家

蚤の市で知られるポルタ・ポルテーゼがある通りに、ルイジ・モレッティの「トラステヴェレの青年の家」と呼ばれるユースホステルであった建物がある。現在はそのホールは展示のための空間となっていて、建築にちなんだ企画展などが催されている。

続きを読む
チョチャーリアのおいしいもの
トゥスコラーナからチネチッタ 食べる・飲む

チョチャーリア地方のおいしいもののキオスク

メトロA線のフリオ・カミッロ駅すぐのアッピア・ヌォーヴァ通りと
チェーザレ・バロニオ通りが交差する角にキオスクがある。
4つのアーチ形のショーケースが目印。
ローマの南東にあるチョチャーリア地方のパンやワイン、ビスケットからケーキ、瓶詰めのペーストやポークジャーキーといった特産品を売っている。明確な境の定義はないらしいが、ローマの南東のフロジノーネあたりをチョチャーリアと呼んでいる。

続きを読む