最古にしてローマに現存する唯一のラテラノ洗礼堂

サン・ピエトロ大聖堂と並び世界中の国々から巡礼する人が多い、
サン・ジョヴァンニ・イン・ラテラノ大聖堂の脇にひっそりとレンガ積みの
小さな八角形の建物がある。ラテラノ洗礼堂である。この地においては公的には最も古い洗礼堂で、
ローマにおいては最初から洗礼堂としてつくられたものの中では唯一今日に残る物である。

ラファエッロの弟子によって描かれた洗礼堂。
壁画こそ後のバロック期に描かれたものの、アトリウムの柱、階段はそのまま。

とある時代から洗礼堂の役割を果たした礼拝堂についてはこちら。

初期キリスト教の歴史が垣間みられるこの界隈に公的に“キリスト教解禁”なる、
まるで宣言のような象徴的な存在である。
キリスト教を公認したコンスタンティヌス帝の命によって建てられた
この洗礼堂のはじまりは5世紀までさかのぼる。
現在私たちがめにする姿は、翌6世紀のものであるが、どちらにしてもその歴史は長く
ローマ帝国崩壊後から今日まで、中世の度重なる侵攻、均整の侵攻、
近代の戦争の時代でも常に洗礼堂として存在してあり続けた、
ローマでは稀有な存在といえる。

入り口を入ると直接八角形のアトリウムに入る。
ここが洗礼堂である。
バロックの時代、近代に内装が大々的に変えらているためm中に入ると、
5、6世紀の建物の面影は全くない。
鉄柵で立ち入る事ができないのが残念であるが、洗礼堂に面する小礼拝堂には
ビザンチン様式のモザイクを見る事ができる。
この小礼拝堂は東西南北にに配置されていたのだが、
私たちが入ってきた入り口の小礼拝堂は、16世紀に
都市計画家教皇、シクトゥス5世によって取り壊されている。
洗礼、婚礼のための入り口は外からは見る事はできないが、正式な正面入り口として
見事な2本の赤い斑岩がファサードを構成している。

洗礼堂につながる礼拝堂に入ると、祭壇に向かって床が緩やかに傾斜しているのがわかる。
この礼拝堂は古代ローマ浴場の上につくられており、礼拝堂の両脇には地下への階段があり、
通常は下りる事はできないが、上からでも地下から立ち上がる柱と
古代ローマ時代の床のモザイクをのぞくことができる。
この礼拝堂の後陣のモザイクではローマの聖人ペテロとパウロ、
そそて4人の福音書家全員が集合しているめずらしいモザイクである。

キリスト教の歴史にして由緒ある洗礼堂、また古代という時代が終焉し
中世という時代に突入していく時代のモニュメントとして、
今日でも世界の国々から婚礼、洗礼の儀式を行いに訪れる。


■ ラテラノ洗礼堂
Battistero Lateranese

Piazza di San Giovanni in Laterano , 4 – Roma

7:30-12:30
16:00-18:30

メトロA線 サン・ジョヴァンニ(San Giovanni)駅

バス:テルミに駅からは409,
他 85,87,117(電気ミニバス)など

メトロの駅からは7分ほど歩きます。

 

 

※この記事の内容は掲載時のものであり、現在と異なる場合があります。

ローマをお散歩編集人

ローマをお散歩編集人です。 街歩きのヒントが見つかるかもしれません。

関連記事

トラステヴェレとジャニコロの丘 教会

ローマで最も古いキリスト教会のひとつ、サンタ・マリア・イン・トラステヴェレ教会

トラステヴェレ界隈の中心といえば、ここサンタ・マリア・イン・トラステヴェレ広場と そこに面する教会であろう。 ローマで最もふるいキリスト教会のひとつである。キリスト教が正式に宗教として認められてから

続きを読む
チェリオの丘とサンジョヴァンニ界隈

ドラベッラのアーチと古代の道

サント・ステファノロトンド教会やサンタ・マリア・イン・ドムニカ教会の方から歩いてくると、 門がある。 紀元10年に執政官カイウス・ユリウス・シラヌスとコルネリウス・ドラベッラによりつくられた門で

続きを読む
チェリオの丘とサンジョヴァンニ界隈 教会

サンタ・クローチェ・イン・ジェルサレンメ教会

教会の姿は比較的新しい様相であるが、由緒は古く、そして貴重な聖遺物が納められている、ローマ7教会のひとつである。 ジェルザレンメはイタリア語でエルサレム。エルサレム十字架教会となる。 古代ローマ帝国の時代にキリスト教を国 […]

続きを読む