ポルタ・サン・ジョヴァンニ(サン・ジョヴァンニ門)

porta-sangiovanni-iconeポルタ・サン・ジョヴァンニは3世紀にアウレリアヌスの壁にある門のひとつ。
近くにサン・ジョヴァンニ・イン・ラテラノ大聖堂があることからこの名前がついている。


教皇グレゴリウス8世の命により、建築家ジャコモ・デッラ・ポルタによって完成されたといわれている。
1574年に完成したこの門は、カンパーニャ・ロマーナ、カステッリ・ロマーニ方面から、
さらにはカンパーニア地方まで続く、今日のアッピア・ヌォーヴァ通り、
当時のカンパーナ通りにつながっている。

その後、1926年には新しい街区アッピオ・ラティーノが誕生し、周辺の家々を壊し、
道路整備のためにアウレリアヌスの壁の姿にも見られるようにアーチの穴が開き、
車の通行を可能にした。
なかなか広い場所なのでメトロの出口を間違えると、反対側に渡るのは至難。

地上にでる際は、確認を。

言い伝えでは、この門を完成させたとされるジャコモ・デッラ・ポルタは
自分のつくった門の近くで息絶えたとされている。
なんと、カステッリ・ロマーニへの小旅行の帰りにメロンとスイカによる消化不良が原因だとか。

夏になると、スイカなどの屋台がでるが、食べ過ぎにはご用心。

porta-san-giovanni

 


■ポルタ・サン・ジョヴァンニ(サン・ジョヴァンニ門)

アクセス
メトロA線 サン・ジョヴァンニ駅

{mosmap lat=’41.885705’|lon=’12.509498’|text=’サン・ジョヴァンニ門’}

ローマをお散歩編集人

ローマをお散歩編集人です。 街歩きのヒントが見つかるかもしれません。

関連記事

外からでも金網越しによく見える::全容がわからないので想像を掻き立てる
トゥスコラーナからチネチッタ 遺跡・建築

セプティミウス・バッススのヴィッラ

ここに来たとき、ローマの街にある古代ローマ時代の遺跡の数の多さを改めて思った。 見渡す限り広がる草原に崩れかけた遺跡。管理所の手間を考えてのことであろう、 常に一般公開されているわけではなく、

続きを読む
トラステヴェレとジャニコロの丘 遺跡・建築

モレッティの青年の家

蚤の市で知られるポルタ・ポルテーゼがある通りに、ルイジ・モレッティの「トラステヴェレの青年の家」と呼ばれるユースホステルであった建物がある。現在はそのホールは展示のための空間となっていて、建築にちなんだ企画展などが催されている。

続きを読む
チェリオの丘とサンジョヴァンニ界隈

ドラベッラのアーチと古代の道

サント・ステファノロトンド教会やサンタ・マリア・イン・ドムニカ教会の方から歩いてくると、 門がある。 紀元10年に執政官カイウス・ユリウス・シラヌスとコルネリウス・ドラベッラによりつくられた門で

続きを読む