ピオ・ピアチェンティーニ

ピアチェンティーニ、ピオ Piacentini, Pio
1846-1928

ローマ出身の建築家。
イタリア統一(リソルジメント)後の新首都ローマとしてのシンボリックな建築を手がける。
マルチェッロ・ピアチェンティーには息子。
代表作として、パラッツォ・デッレ・エスポズィツィオーニ、法務省、また建築家ジュゼッペ・サッコーニの没後、ヴィットリオ・エマヌエーレ二世記念堂のプロジェクトを引き受けたひとり。

ローマをお散歩編集人

ローマをお散歩編集人です。 街歩きのヒントが見つかるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

ひーヒ

マルチェッロ・ピアチェンティーニ

ピアチェンティーニ、マルチェッロ Piacentini, Marcello 1881-1960 ローマ出身の建築家、都市計画家 ムッソリーニの下、ローマにイタリア合理主義建築の計画を多くしている。 ローマ大学建築学部で建 […]

続きを読む