亀の噴水

tartaruga-iconeローマを歩けば噴水にあたるけれど、なかでもこの「亀の噴水」が美しいという人は多い。

ローマ料理を特徴づけた、ユダヤ料理が食べられる旧ユダヤ人街の小さな広場にある。


ローマの由緒ある教会のファサードやナヴォナ広場のムーア人の泉などをてがけたジャコモ・デッラ・ポルタがマッテイ家の注文によってデザインした。

石の色からダイナミックというよりかは、落ち着いたすべらかな噴水と表現した方がしっくりくる。

彫刻を施したのはタッデオ・ランディーニ。

亀の噴水として有名な噴水だが、実は、亀の彫刻は作者不明の彫刻家によって、最初のデザインが完成してからおよそ1世紀も経ってからつけられたものであるとか。

確かに、亀が配されていた方が、バランスが美しい。

 

時代を経て変わっていく姿を含めて人々に愛される。

時代とともに少しずつ姿を変えつつも、古いものが伝えられるローマらしい。

 

tartaruga-1

 

tartaruga-2

 

参考までに、ここから遠いが、ローマにはカエルの噴水もある。

 

このエリアではユダヤ料理レストラン以外に、テイクアウトできるファストフードのファラフェルとピタのサンドイッチも食べられる。

イタリア料理に飽きたらおすすめ。

金曜日の午後からユダヤ教徒の安息日なので金曜日はファラフェルはつくっていない。

近くにシナゴーグ(ユダヤ教会堂)があり、博物館も併設されている。

 

ローマのユダヤ人街はヴェネツィアやフィレンツェのように正統派の教徒をみかけることはまれではあるものの、

金曜の午後から土曜にかけてはこのエリアであまり大騒ぎしないことをおすすめする。

 

 

 


■ 亀の噴水

Fontana delle Tartarughe

 

Piazza Mattei

 

トラム8番 終点Largo (di Torre) Argentina(ラルゴ・アルジェンティーナ)

マルチェッロ劇場からも近い。

 

{mosmap lat=’41.893854’|lon=’12.477609’|text=’小さくも美しい噴水’}

 

 

 

 

ローマをお散歩編集人

ローマをお散歩編集人です。 街歩きのヒントが見つかるかもしれません。

関連記事

カンポ・ディ・フィオーリ界隈

カンポ・ディ・フィオーリ界隈

カンポ・ディ・フィオーリ界隈 ローマっ子に外国人だらけのエリア、と揶揄されつつも、 ルネッサンスのパラッツォと職人の工房のある中世の建物がところどころ残ったエリアが共存している面白いエリア。 なんといってもカンポ・ディ・ […]

続きを読む
カンポ・ディ・フィオーリ界隈 美術館・博物館

小ファルネジーナ宮殿/ピッコラファルネジーナ〜バラッコ美術館

建物は小ファルネジーナと呼ばれているが、建物にある百合の紋章からファルネーゼ家のものとされていたかららしい。 ところが百合はフランス軍の百合の紋章である。それでも

続きを読む
ローマ発祥の地、パラティーノ 広場・噴水

カンピドーリオ広場

今日ではカンピドーリオと呼ばれているが、ローマ発祥から重要な場所であったカピトリーノの丘の頂上にある広場。教皇ピウス3世の時代に、その命によってミケランジェロが設計した美しい広場。その敷石の幾何学の紋様はロゴにも使われたりもする、ローマの象徴のひとつともいえる。

続きを読む