エウローマ・ドゥエ Euroma 2

最大級のローマのエウルにあるショッピングモール。
メトロとバスを乗り継いでローマの中心から行くことができます。


スパーマーケットよりさらにすごいハイパーマーケットことイタリア語ではイーペルメルカートがあります。

ファッションのみならず、ギフト商品やキッチン用品そしてインテリア用品も揃っているので
お土産探しも自分の物探しもここでできそうです。
定休日もないので観光地がほとんど閉まっている月曜日はお買い物ディ。
遅くまでやっているのもうれしいです。
夜景もなかなかきれいです。
ローマらしさはまったくないですが、強いて言えば中にそびえるオベリスク。

入っているお店を一部紹介します。(最新情報はお確かめください。)

ACCESSORIZE
かわいいアクセサリーやファッション雑貨がみつかるアクセサライズ

BATA SUPERSTORE
歩きやすい靴、BATA

CALZEDONIA
イタリアのタイツはおしゃれで丈夫で快適。足元のおしゃれはカルツェドニア

CAMICISSIMA
シャツがよりどりみどりのカミチッシマ

CARPISA
カメが目印のカルピーサ

DIESEL KIDS
イタリアンカジュアル、ディーゼルのキッズ

GEOX
機能と履き心地が定評のジオックス

GOLDEN POINT
インナー、足元のおしゃれ

H & M
一世を風靡した北欧発プロントモーダ

PRENATAL
幼児の服などを扱プレナタル

STRADIVARIUS
楽器のような名前のスペイン発プロントモーダ

YAMAMAY
かわいいインナーが勢ぞろい

BENETTON-SISLEY
ベネトンとシスレー

BERSHKA
スペイン発プロントモーダ、ベルーシュカ

BRIC’S
機能性の高い旅行かばんがみつかる

CALVIN KLEIN
おなじみのカルヴァン・クライン

COCCINELLE
日本でも人気の高いバッグ

ENERGIE-MISS SIXTY
人気の高いイタリアンカジュアル

FOOT LOCKERS
世界中で人気

GUESS
若い世代に人気

INTIMISSIMI
インナーが勢ぞろい

LUISA SPAGNOLI
マダムに人気

MANGO
MARELLA
MAX & CO.
MAX MARA WEEKEND
おなじみのものを一気に

MOTIVI
人気が出てきたプロントモーダ

PENNY BLACK
おすすめ

PETIT BATEAU
ボーダーが定番人気

PROMOD
フランス発プロントモーダ

STEFANEL
TIMBERLAND
TOMMY HILFIGHER
おなじみのものを一気に

ZARA
人気は衰えません

ファッション以外にキッチン用品のお店などもまだまだ入っています。


■ エウローマ・ドゥエ
Centro Commerciale – Euroma 2

Via Cristoforo Colombo angolo V.le dell’Oceano Pacifico

ショッピングモール

月曜:12:00 – 22:00
火曜日 – 日曜日 10:00 – 22:00

イーペルコープ
月曜:12:00 – 21:00
火曜日 – 日曜日 10:00 – 21:00

200px-metropolitana_di_roma.svg メトロB線 EUR Fermi(エウル・フェルミ)駅 よりバス 070、700、709番でVia Cristoforo Colombo/Euroma 2 下車

{mosmap lat=’41.820969’|lon=’12.459964’|text=’ショッピングモール エウローマ・ドゥエ-Euroma 2′}

ローマをお散歩編集人

ローマをお散歩編集人です。 街歩きのヒントが見つかるかもしれません。

関連記事

E.U.R.エウル

E.U.R. エウル

E.U.R.   1942年に予定されていたローマ万国博覧会の開催のために計画された街。 ローマ万国博覧会、Esposizione Universale di Romaの頭文字をとってEUR, E.U.Rと書い […]

続きを読む
お買い物 トゥスコラーナからチネチッタ

チネチッタ・ドゥエ

1983年にオープンしたローマでも古いショッピングモール。 メトロやバスなどの公共交通機関だけで行くことができる。 最寄り駅はメトロA線のSbaugusta(スバウグスタ)駅。 ショッピングモールとしては、はじめて美術館 […]

続きを読む
E.U.R.エウル 美術館・博物館

ローマ文化博物館

イタリア合理主義建築群が並ぶEUR(エウル)にある博物館。 59セクションにも分けられた古代ローマの文化を存分に堪能できる博物館。 古代ローマのプライベート図書館を再現した部屋などがあり、興味深いです。 ■ローマ文化博物 […]

続きを読む