Currently browsing

Page 2

世界遺産を守る責任。

驚くほどの更新の停滞。 パスワードをリセットするほど。 遺跡が多すぎて、などという記事を書いた天罰か、 ローマ郊外のヴィッラ建築としては最大のセッテ・バッシの遺跡が ローマの悪天候によってなんと、一部が崩れ落ちてしまった …

ショアの日が近づいているのに。

イタリアの他の都市は知らないが、少なくともローマでは1月27日、 アウシュビッツ解放の記念の日としてユダヤ人のコミュニティーを中心に 歴史を振り返っている。 古代ローマ時代からのゲットーは今日でもユダヤ教会、シナゴーグが …

遺跡が多すぎて、かな。

あと少しでローマの街を囲む環状線というところ辺りに ローマの別荘建築で最大の広さを誇る遺跡がある。 ところが一般公開されていない。 すごい風景なのである。 広い。   管理局に問い合わせれば中に入ることもできる …

壮大な遺跡に励まされ。

好きな場所に古代ローマ水道橋公園がある。 友人とつまらない愚痴をこぼしあいながら歩いていても、 見上げるとそび立つ水道橋と広がる野原に、まぁ、たいしたこと無いか、 と思わせてくれる場所。 決して解決にはならないのだが、ま …

こんな人たちはスリかも。

日本人がローマでスリの現行犯で逮捕されたという。 衝撃である。 忍者として恐れられていたというから、常習的。 中欧のグループとつるんでいたというが、中欧といえば ローマでいろいろ悪さしているのはローマっ子も眉をひそめる …

語られるイタリア合理主義建築と語られないそれら。

イタリア合理主義建築の代表的な建築家として挙げられるのはジュゼペ・テッラーニであろう。 作品集で後世にその実績を伝えられるくらいの作品数を残しているのがまず大きい。 しかしイタリア合理主義建築の作品群ががこれほど多く集ま …

古代ローマ人は下手物喰いか。

ポンペイでキリンやフラミンゴが食べられていたと 日本の新聞でもにぎわっている。 イタリアで、日本人はクジラを食べるんだよな、といわれたり イタリアの街角でクジラ食べるの反対の団体のビラ配りに出会い ちらりとまなざしがちょ …

ローライナー。

難しい。 見事に狙ったところと違うところにピントがあってくれる。 どうせはずれるのだろうからと、あわせたいところから意図的にずらしてみても 狙ったところにはいかない。 12枚の貴重なフィルムにデジタルのようにばしゃばしゃ …

ローマで写真を現像する

10年以上ぶりにローマで現像をした。 そして久しぶりの現像は中判サイズ。 ブローニーフィルムすら容易くはみつからず、 現像もどこも外部のラボには頼むとはいえ、 中判・・・といって眉をひそめたところは 受け付けているにして …