夏の終わりは映画でローマを。

ご縁がなかなかなく、観ることができなかった映画が

ようやく、ある程度の期間で上映される日が近づき小躍り。

今週末から始まった「ローマ環状線、めぐりゆく人生たち」に続き、

来週からはLa Grande Bellezza、「グレート・ビューティ/追憶のローマ」。

と思っていたら、ローマが舞台の映画もう一本、「ローマの教室で」

という映画が8月23日より岩波ホールを皮切りに順次全国ロードショウ。

 

ローマが舞台の映画に期待するものに、ローマの風景と同じくらい大事な要素に

ローマ弁を聞くことがある。

最初の2本はローマ弁が聞けること請け合いだが、

「ローマの教室で」は主演女優マルゲリータ・ブイ意外は、ローマっ子の俳優陣では

ないので、ローマ弁期待できなく、残念。

 

事実、教師をしている友人の話では、ローマの学校の先生がローマの人かというとそうでもなく、

南の方がかなりいるとか。

北へ行けば行くほど、教師のポストはあるらしいが、

だれでも北へ行って居を構えられたりするわけではないので、

教師の友人のひとりは、ウンブリア州までを就業可能範囲としているらしい。

万が一勤めても、週末はローマに帰ってこられる範囲だからだとか。

日本のそのシステムは知らないのであるが、

イタリアでは就業可能な州をあらかじめ提出するらしい。

イタリアの教師という職もご多分に漏れず大変なようで、

いろいろと聞かされているので、ローマ弁は期待できそうにないが、

「ローマの教室で」も興味がある。

 

夏の終わりは、映画でローマへ旅を。

グレート・ビューティ/追憶のローマ http://greatbeauty-movie.com/ 

ローマ環状線、めぐりゆく人生たち  http://www.roma-movie.com/

ローマの教室で http://www.roma-kyoshitsu.com/index.html

 

誰もが思い描く世界遺産のローマを見るなら「グレート・ビューティ」。

旅だけではなかなか出会うことがないローマの風景を見られるのが

「ローマ環状線、めぐりゆく人生たち」

どちらも地下鉄の範囲のローマだけれども、同じ街が舞台とは思えないであろう。

 

 

残暑お見舞い申し上げます。
残暑お見舞い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。