チョチャーリアのおいしいもの

メトロの駅の地上にでると、何気なく立っているキオスク、

チョチャーリアの薪焼きパン、となっている。

ガラス越しに積まれた焦げ目のついたパンがおいしそう。

おいしい。

ここのキオスクの目当てはワインの風味がほんのりとする

チャンベッリーノ。ざらめの甘さとほのかなワインの香りが

ううむ、幸せ。

さらに。

日本の輸入食材やさんでも最近では普通に見かける、

カントゥッチのような姿をした柑橘系のビスケット。

どちらもざらざらした堅そうな見かけとは違って

ほろっとしていておいしい。

ノドがいたくなりそうなイタリアの甘いものとは違い

適度な甘さ。

 

さらに。

コッピエッタという豚ロースを手で引き裂いたポークジャーキー。

塩、こしょう、赤唐辛子そしてパプリカ。

うっすら光に透けて、ビールください、といいたい。

 

ちなみにチョチャーリアはローマの南東にある地方とされるが

明確な定義は無いらしい。

モラヴィアの同名の小説が原作となった、ネオレアリズモの映画「La Ciociara」で知られたところか。

ヴィットーリオ・デ・シーカ監督、ソフィア・ローレン主演の第二次大戦が時代背景の映画である。

 

お店の場所はこちらでどうぞ。

 

焦げ目に呼ばれる。”買って”
焦げ目に呼ばれる。”買って”

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。