セプティミウス・バッススのヴィッラ





親カテゴリ: トゥスコラーナからチネチッタ
カテゴリ: 遺跡・建築

icone-sette-bassi

ここに来たとき、ローマの街にある古代ローマ時代の遺跡の数の多さを改めて思った。

見渡す限り広がる草原に崩れかけた遺跡。管理所の手間を考えてのことであろう、

常に一般公開されているわけではなく、

予約をして団体でなら中に入ることができる。

 

別荘の名前は中世の時代にこのエリアがおそらく、その遺跡の地主であろうセプティミウス・バッススから

こう呼ばれていた。

帝政ローマは2世紀のセプティミウス・セウェリウス皇帝時代の政治家であった。

ペリスティリウムを持った別荘建築で、ここからクラウディウスの水道橋も眺められるであろうから

広々とした別荘であったことが想像できる。

建物の全容を伝えるほどの遺構が残っていないのが残念であるが、

激しい車の往来を背にしばし、自分で別荘を描いてみる。

それはそれで楽しいものである。

 

遺跡は古代水道橋公園からひたすら歩いて、カンパネッレ通りにでてもいくことができるが

最寄りはメトロA線のチネチッタ駅からトゥスコラーナ通りをローマの街と反対側に歩いていき

カンパネッレ通りと交差したあとに遺跡が広がる。

ローマ郊外エリアの一番大きい別荘建築であるそうだ。

ローマ郊外の別荘建築ではクインティッリ荘が一般公開されている。

 

写真はカンパネッレ通り側から見たものである。

 

小さな水道橋らしき連続したアーチも見られ、

浴場施設があったのであろうか、同時にペレスティリウムには水でも貼ってあったのであろうか、

と想像を掻き立てる。

 


 

■写真ギャラリー(クリックで写真拡大)

 

 

     


 

 


 

 ■セプティミウス・バッススのヴィッラ

 Villa dei Sette Bassi

 

Via Tuscolana 1700 Roma

200px-metropolitana di roma.svgメトロA線 Cinecittà(チネチッタ)駅

 

 

予約 ローマ考古学保護局

   06 699841

 

 

 

 


より大きな地図で ローマをお散歩 を表示

 

 

 

 





Bookmark and Share