ドーリア・パンフィーリ美術館





親カテゴリ: パンテオンからナヴォナ広場へ
カテゴリ: 美術館・博物館

icone-galleria-pamphiji私設の美術館としてはかなり大きく、なんといってもその一族の審美眼はすばらしい。展示してある絵画や彫刻も重要なものが並んでいるが、またその建物の内装、家具調度が素晴らしい。また、長いこと公開していなかったので、保存状態もよく、

1600年代の貴族の住まいの雰囲気を身近に感じることができる。

ドーリア・パンフィーリ家の個人のコレクションである。

入場料でオーディオガイド(残念ながら日本語はない)を借りることができるが、

ドーリアパンフィーリ家の当代の案内で、

ようこそ私の家へ、のように案内されるのが招かれて説明されているよう。

 

ラッファエッロからカラヴァッジョと、枚挙にいとまがないが

見逃せないのは、パンフィーリ家出身の教皇イノケンティウス10世を

ベラスケスが描いたものであろう。

このベラスケスの絵画は、後にフランシス・ベーコンがこの絵画から

描いたことでも知られる。

教皇イノケンティウス10世はドーリア・パンフィーリ家が最も栄えた時代である。

建物内にも教皇が祈りを捧げる部屋がある。

 

また、ベラスケスと同じ部屋にベルニーニによる、教皇イノケンティウス10世の

胸像がある。

こちらは、この部屋に来る前に廊下でも見かけることになるが、

像が一部損壊してしまったために、ベルニーニが同じものを一週間で仕上げたという、

像を前にしてみると、想像もできない逸話がある。

 


この建物はイベントを開くこともできる。

このような贅を尽くした空間でのイベント、興味深い。

 

ミュージアムショップは入口と館内の2カ所にあるが、

入口のミュージアムショップは重厚な木調の内装で、

ゆったりとした雰囲気である。

 

外部の自動車の排気ガスですすけてしまっている建物のイメージとは

全く異なり、美しく豪奢な空間である。

 

 

 

■ギャラリー(クリックで写真拡大)

 

       



 


 

■ドーリア・パンフィーリ美術館

Galleria Doria Pamphiji

 

Via del Corso 305 Roma

開館時間 9:00-19:00

入館料 11ユーロ(数があ限りオーディオガイド含む:日本語はなし)

閉館日:12/25,1/1, 復活祭(年によって異なる)

 

 

内部の写真撮影は、別途4ユーロの支払いで商用以外の撮影が許可される。

三脚は使用できない。

 

ヴェネツィア広場より徒歩3分

 

 

オフィシャルホームページ:http://www.dopart.it/roma/

 

 

 





Bookmark and Share