主よ、何処へ ドミネ・クォ・ヴァディス教会





親カテゴリ: アッピア旧街道周辺
カテゴリ: 教会

icone-quovadis

 「主よ何処へ?」「ローマにもう一度十字架にかけられに」と、キリスト教徒弾圧のひどかった皇帝ネロの時代に、

ペテロがローマがから逃れようとすると、イエスに出会い、こんな会話をした、といわれているところ。

教会の

その起源は9世紀とも言われるが、1600年代に現在の姿になっている。

枢機卿フランチェスコ・バルベリーニの命により教会のファサードがつくられた。

 

教会の内部には、キリストの足跡とされる大理石版のレプリカがある。オリジナルはサン・セバスティアーノ・フオーリ・レ・ムーラ教会の

近くにある。

この足跡の石版は、一説によると旅の無事を祈るため、もしくは無事に旅から帰還した感謝の気持ちのとして

作られた習慣があったという。

この足跡から、この教会はサンタ・マリア・イン・パルミス(パルミスは足)教会ともいう。

 

教会内部はこじんんまりと非常にシンプルである。

この石版のあるところは、現代の芸術家によって、街道のように石が敷かれ、その両端には

それぞれイエスとペテロがフレスコ画で描かれ、先の有名な、ドミネ・クォ・ヴァディス〜

主よ何処へ?と会話している。

身廊のない、間口の広くない空間でこそできるインスタレーションである。

 

また小説「クォ・ヴァディス」の作家で、ポーランドのノーベル賞作家

ベンリク・シェンキェビッチの像がある。

 

 

ここで、ペテロがイエスに会わなかったら、ペテロは果たしてローマの聖人となっていたであろうか、

とふと思った。

 

 

 

■ギャラリー(クリックで写真拡大)

 

         


 


 

■ドミネ・クォ・ヴァディス教会 サンタ・マリア・イン・パルミス教会

 Chiesa di Domine Quo Vadis Santa Maria in Palmis

 

 Via Appia Antica 51, Roma

 

 9:00-18:00

 

■アクセス

 バス218番(サン・ジョヴァンニより)

 

 

 

JavaScript must be enabled in order for you to use Google Maps.
However, it seems JavaScript is either disabled or not supported by your browser.
To view Google Maps, enable JavaScript by changing your browser options, and then try again.

 

 





Bookmark and Share