避難通路!ヴァチカンとサンタンジェロを結ぶ回廊





corridorio-iconeヴァチカンの界隈やサンタンジェロ城の近くにレンガ造りのアーチが連なっています。
ローマの街中でよく見かける水道橋、ではなくてこちらは回廊です。
しかも

避難通路です。そして誰もが使うことができるわけではなく、
有事の際にカ教皇が逃げるために1277年に造られました。

10、11、12世紀と北方の民族から侵攻され放題のローマでしたので
この発想が生まれたのでしょう。

それから数百年の後、フランス王シャルル8世のイタリア侵攻の際に1494年には教皇アレクサンドル6世が、
1527年、カルロス5世により侵略、「ローマの掠奪」の際には教皇クレメンス7世が、
ヴァチカンからサンタンジェロに向かって実際にこの回廊を使って逃げました。

corridorio

この回廊が走っている下の通りの名前はそのまま、Via Corridori、回廊通り。

最近では映画「悪魔と天使」でこの秘密の回廊について触れています。

お散歩地図に印をがついています。

Via Corridori~Borgo Snat'Angelo

JavaScript must be enabled in order for you to use Google Maps.
However, it seems JavaScript is either disabled or not supported by your browser.
To view Google Maps, enable JavaScript by changing your browser options, and then try again.












Bookmark and Share

著作権おける注意事項

このホームページ内の文章・写真、画像、動画、書類の著作権はroma-apiedi.comにあり、これらの無断での加工・転送・配布は法律により禁じられております。

免責事項

当ホームページでは掲載する情報について、十分な注意を払っておりますが、内容について変動するものもあり、正確さ・妥当性について保証はするものではありません。

いかなる損害について責任を負うものではありません。事前に再確認してから情報をご利用ください。

 

スポンサーサイト