チョチャーリア地方のおいしいもののキオスク





icone-kiosco-furio-camillo

 メトロA線のフリオ・カミッロ駅すぐのアッピア・ヌォーヴァ通りと

チェーザレ・バロニオ通りが交差する角にキオスクがある。

4つのアーチ形のショーケースが目印。

ローマの南東にあるチョチャーリア地方の

パンやワイン、ビスケットからケーキ、

瓶詰めのペーストやポークジャーキーといった特産品を売っている。

明確な境の定義はないらしいが、ローマの南東のフロジノーネあたりをチョチャーリアと呼んでいる。

 

kiosco-furiocamillo-1

 

チョチャーリアといえばモラヴィアの同名の原作でデ・シーカの1960年の映画、La Ciociaraがある。

ソフィア・ローレン主演で豪華な顔ぶれである。

 

キオスクに話は戻って、メトロA線のこの辺りを通っていて、

時間にゆとりがある時などは、フリオ・カミッロ駅で途中下車しても買うことがある。

目当ては、ワインの風味のチャンベッリーノと柑橘系のビスケット。

そしてパン。

ポークジャーキーとでもいおうか、ピリッと辛めな豚の干し肉。透き通った赤は、

噛めば噛むほど味がでて、ビールが欲しくなる。

 

ポークジャーキーは豚の丸焼きで有名なアリッチャでも見かける。

コッピエッテと呼ばれ、豚のロース肉を手で引き裂いて、

塩、コショウ、赤唐辛子、パプリカで味つけしたもの。

 

 

チェンベッリーノはトスカーナ地方の貧しい民のおやつであるらしい。

 

焦げあとがついた、薪で焼き上げたパンは、ガラス越しに「

買って」といわんばかりに積み上げられている。

 

ここでなくても、ワイン風味のチャンベッリーノは手に入るので、味わってみてはいかがでしょう。

堅そうだけれど、意外と中はさくさくしていて、ほんのり感じるワインの風味が、

幸せ、と思わせてくれる。


       




 


 

■チョチャーリアの薪焼きパンと特産品のキオスク

Pane Ciociaro Cotto a Legna

 

200px-metropolitana di roma.svg フリオ・カミッロ(Furio Camillo)駅

 

Via Appia NuovaとVia Cesare Baronioが交差した角

近くにVilla Lazzaroni公園があるので、休憩しながらビスケットなど。

 

 


より大きな地図で ローマをお散歩 を表示

 

 

 

 

 

 

 





Bookmark and Share







著作権おける注意事項

このホームページ内の文章・写真、画像、動画、書類の著作権はroma-apiedi.comにあり、これらの無断での加工・転送・配布は法律により禁じられております。

免責事項

当ホームページでは掲載する情報について、十分な注意を払っておりますが、内容について変動するものもあり、正確さ・妥当性について保証はするものではありません。

いかなる損害について責任を負うものではありません。事前に再確認してから情報をご利用ください。

 

スポンサーサイト