トリトンの噴水





tritone-iconeバルベリーニ広場の真ん中に立つベルニーニの手がけた噴水。ベルニーニの作品の中でもダイナミックな動きのある作品の一つ。

同じ広場にある「蜂の噴水-Fontane delle Api」とは印象が違う。

 

ギリシャ神話のポセイドン(ローマ神話ではネプチューン)の息子であるトリトンがほら貝を吹く、典型的な姿が表現されている。

トリトンが跪く二枚貝をイルカが支えている。

イルカはかわいらしいイメージがあるのだが、どうも古代、ルネッサンス、バロックを通じて

海獣の獣という文字のイメージが強い。

実際にイルカはそのかわいらしさと反対の本能をもっているらしいが。

tritone-1

 

そのイルカの尾にはバルベリーニ家の紋章の入った盾と、教皇の冠と、そしてペテロの象徴である鍵が美しくからまっている。

バルベリーニ家出身の教皇ウルバヌス8世は、ベルニーニのパトロン中のパトロン。

 

tritone-2

 

1643年にベルニーニによって作られた。

背後にある、Hotel Bernini Bristolはローマの老舗ホテルのひとつ。

 

同じ広場にあるベルニーニの「蜂の噴水」はこちら。

 

 

 


■ トリトンの噴水

Fontana del Tritone

 

Piazza Barberini

 

200px-metropolitana_di_roma.svg メトロ A線 Barberini(バルベリーニ)駅

 

 

 

※2013年現在修復中。

 

 





Bookmark and Share

著作権おける注意事項

このホームページ内の文章・写真、画像、動画、書類の著作権はroma-apiedi.comにあり、これらの無断での加工・転送・配布は法律により禁じられております。

免責事項

当ホームページでは掲載する情報について、十分な注意を払っておりますが、内容について変動するものもあり、正確さ・妥当性について保証はするものではありません。

いかなる損害について責任を負うものではありません。事前に再確認してから情報をご利用ください。

 

スポンサーサイト