パウルスの泉





paola-iconeあと少しでジャニコロの丘のてっぺんという手前に表れる、ローマの街を見下ろすかのような大きな泉です。古代ローマのトライアヌス帝が

つくった水道の終点を讃えるMostraという装飾建築です。

他にも、有名なトレヴィの泉、共和国広場(Piazza Repubblica)の近くにある、モーゼの泉も同じ目的で作られた泉です。

paola-2

 

ローマの北にあるブラッチャーノ湖から水をひいて、テヴェレ川の左岸にできた初めての泉です。

紀元109年のトライアヌス水道は完成しますが、時が経って、ボルゲーゼ家出身の教皇パウルス5世の命でフラミニオ・ポンツィオにより修復され、

その教皇の名にちなんでパウルスの泉とされました。

ボルゲーゼ家の紋章の鷹とドラゴンと教皇の冠がデザインされています。

 

1690年には建築家カルロ・フォンターナにより、5つの小さな水盤で水を受けていたのが大きな水盤に変えられ、現在に見られるような形となりました。

 

1849年にはフランスの砲撃によりダメージを受けています。

 

ローマを一望できるこの高さまで水を引いてくるのですから、古代ローマの技術は見事です。

 

 

文字通りにはパオラの泉、またガイドブックではこのように読んでいるようですが、acquaという女性名詞に準じてパオラとなっており、

実際は教皇パウルスの名から来ているので、あえて、パウルスとし ました。

 

paola

 

 


■ パウルスの泉 ■

Fontana dell'Acqua Paola





Bookmark and Share







著作権おける注意事項

このホームページ内の文章・写真、画像、動画、書類の著作権はroma-apiedi.comにあり、これらの無断での加工・転送・配布は法律により禁じられております。

免責事項

当ホームページでは掲載する情報について、十分な注意を払っておりますが、内容について変動するものもあり、正確さ・妥当性について保証はするものではありません。

いかなる損害について責任を負うものではありません。事前に再確認してから情報をご利用ください。

 

スポンサーサイト