テンピエットと呼ばれるサン・ピエトロ・イン・モントーリオ広場





親カテゴリ: トラステヴェレとジャニコロの丘
カテゴリ: 教会

100-tempietto

Tempietto テンピエットと呼ばれる名前が示すままの小さな寺院はブラマンテによるローマ最初のルネッサンス様式の建築。

ローマの街を見下ろすジャニコロの丘の上のこの地は、ここからさほど遠くないサン・ピエトロ寺院のペトロが磔にされた所といわれています。

ブラマンテは後に、そのサンピエトロ寺院の主任建築家として任命されることとなりますが、
残念なことに彼の案は現在のサンピエトロ寺院の姿に反映はされていないと言われています。
最終的にはかのミケランジェロが総監督指を務めました。

このテンピエットは古典を復興させたルネッサンス様式が、
帝国が滅びて以降さびれていたローマという都市にまた新たに光があたる第一歩の建築といえます。

 

tempietto-1

30㎜のレンズでは残念なことに収まりきりませんでした。

tempietto-3

後ろ側に周ると小さな空間ながら美しい装飾の礼拝堂。

半地下にあります。

 

tempietto-comparata

全体を収めるために広角レンズに交換して撮影(右)してみましたが、美しく収まりませんでした。
プロポーションの完璧なものというのはそのままが美しいのですね。

 

大きな建物などはあえて広角レンズで撮ると、虚像とはいえさまになったりするのですが
ブラマンテのテンピエット相手では虚像のごまかしは通用しませんでした。

ぜひ、小粒ながらもきらりと光る盛期ルネッサンス建築の代表作を眺めてみて下さい。

 

 

 


 

テンピエット-サンピエトロ・イン・モントーリオ教会中庭内
Tempietto-San Pietro in Montorio 

 

Piazza di San Pietro in Montorio, 3
00153 Roma

 

ジャニコロの丘まではトラステヴェレ界隈から徒歩でも頑張って登ることができますが、
Viale Trastevere(トラステヴェレ通り)から循環バス115がでています。

Via Garibaldi(ガリバルディ通り)のサンピエトロ・イン・モントーリオ教会で下車。

 


より大きな地図で ローマをお散歩 を表示

 

 





Bookmark and Share