ローマの斜塔、サンタ・チェチーリア・イン・トラステヴェレ教会





cecilia-icone下町風情の漂うトラステヴェレでバロック彫刻を鑑賞しつつ、中世のフレスコ画、モザイク、さらには時代をさかのぼって古代ローマ時代の

邸宅跡も見学することができる盛りだくさんな教会。
芸術も遺跡も好きという方におすすめしたい。
そして、ローマで比較的みかける、中世につけ加えられたロマネスクの鐘楼がご多分にもれずあるのだが、低地で湿ったエリア、トラステヴェレは地盤が弱いのであろう、鐘楼が傾いている。
サンタ・チェチーリア教会ではローマ唯一の斜塔、といっておりますが。


cecilia-interno

教会に入ると、祭壇の下に横たわる女性の姿がある。
バロック期の彫刻家ステファノ・マデルノの若い頃の作品であり代表作である彫刻。
うなじに残る傷が痛々しいのだが、こうして聖チェチーリアは殉教した。
しかし奇跡として、剣が彼女の完全に首を落とすことはできなかったという。
こうしてチェチーリアはローマで生まれた聖人となり、
そしてその信仰の場所に聖人の名前を頂いた教会が建てられた。

マデルノの彫刻の上にある聖体用祭壇の緻密な細工も見事。
白い大理石に金色が施された、天使、
チェチーリアとその夫ヴァレリウス、その兄弟の殉教者と
チェチリアに洗礼をしたウルバヌスの四人がレリーフとなっている。

祭壇にはコズマーティ様式独特の燭台を見ることができます。

後陣の9世紀のモザイクが見事である。
モティーフは、サンタ・プラセーデ教会やサンタ・マリア・イン・ドムニカ教会に見られるのと同じように、キリストのサイドにローマの守護聖人であるペテロとパウロ、
エデンの園を表すヤシの木、そして羊とその両サイドには、ベツレヘムとエルサレムの街が描かれている。

バジリカの入り口の上には中世のピエトロ・カヴァリーニのフレスコ画が見事に残っている。

この教会の見所はまだまだ続きく。

教会に入って左手にあるお土産を売っている所から
地下遺跡の見学ができる。
ここからは有料であるが、
トライアヌス帝もしくはアドリアーノ帝時代、2〜3世紀のトラステヴェレが栄えていた頃の
ドムス(邸宅)が残っている。

また、シリンダー型の8つの大きな穴がある部屋があり、
その用途はいまだ解明されていないそうだが、穀物を入れていた穴か
もしくはこの辺りは革工房が多かったエリアなので、その工房のものかという説がある。

奥には中世時代の見事な地下聖堂がある。
床はコズマーティ様式のモザイク、天井はセラフィムのレリーフに宝石がちりばめられた
ヴォールト天井になっている。
長い歴史の中で、幾度も侵攻されたローマだが、
これだけ大粒の宝石がよく残っていたものである。






サンタ・チェチーリアはローマの音楽アカデミーの名前にもなっていることからわかるように、
音楽の守護聖人。
2世紀にローマの一貴族の娘として生まれたチェチーリアは、
まだキリスト教がローマでは認められていなかった信仰の頃、
ローマ郊外で捕らえられて、家の浴室で夫とその兄弟らと殉教したと伝えられている。
アッピア街道のサン・カリストの地下墓地で眠っている。

 



cecilia-esterno cecilia-altare cecilia-baldacchino cecilia-candelabro cecilia-maderno cecilia-maderno3 cecilia-sotteranea-capella2 cecilia-sotteranea1 cecilia-sotteranea2 cecilia-sotteranea3




サンタ・チェチーリア・イン・トラステヴェレ教会
Basilica di Santa Cecilia in Trastevere

Piazza S.Cecilia,22 - 00153 Roma

トラム8番 





 





Bookmark and Share







著作権おける注意事項

このホームページ内の文章・写真、画像、動画、書類の著作権はroma-apiedi.comにあり、これらの無断での加工・転送・配布は法律により禁じられております。

免責事項

当ホームページでは掲載する情報について、十分な注意を払っておりますが、内容について変動するものもあり、正確さ・妥当性について保証はするものではありません。

いかなる損害について責任を負うものではありません。事前に再確認してから情報をご利用ください。

 

スポンサーサイト