MACRO Testaccio-現代アート美術館 テスタッチョ





100-macro-f現代アートをローマで楽しむならこちらの美術館。
MACROはMUSEO D'ARTE COMTEMPORANE ROMA(ローマのコンテンポラリーアートミュージアム)の略。
20世紀の初めに建てられたノメンターノ地区の工場をリノベーションして現代美術館として1999年にオープンしたローマコンテンポラリーアート美術館の別館として2002年に開館。

 

macro-f-1

こちらはローマの台所といわれる、下町テスタッチョ地区の屠殺場の精肉工場群の建物を
リノベーションしたコンテンポラリーアート美術館。
1888年から1891年にかけてジョアッキーノ・エルソックによって設計された古典から近代建築への移行期の工場建築の建物群。

 「冷蔵棟」と書かれているのが残っていたり、痛々しくも家畜たちがつめられていた柵が残っていたり。

屠殺場に入る機会はなかなかないので、現代アートを楽しみつつ、工業遺産も見学できる。

ビール工場跡地同様、工業建築を文化遺産として保存しつつ、

別の用途で再利用しているということはなかなか興味深い。

 

macro-f-2

 

 


MACRO Testaccio

Piazza Orazio Giustiniani 4 - 00153 Roma
 

開館時間   火曜日-日曜日 16.00-19.00

                 土曜日     16.00-22.00
                 ※チケット売り場は閉館時間30分前まで。
 

閉館日       月曜日、1/1 4/6-27(復活祭に基づくものなので毎年要確認)、5/1, 12/25
入館料       6ユーロ

URL            http://www.museomacro.org/ (外部ページにリンク)

 

本館との共通券は7日間有効で14.5ユーロ

 

MACROの本館がノメンターノ地区にある。
こちらはもとイタリアのビール工場、ペローニの跡地につくられたリノベーション型現代美術館。

MACRO はこちら

 

 





Bookmark and Share







著作権おける注意事項

このホームページ内の文章・写真、画像、動画、書類の著作権はroma-apiedi.comにあり、これらの無断での加工・転送・配布は法律により禁じられております。

免責事項

当ホームページでは掲載する情報について、十分な注意を払っておりますが、内容について変動するものもあり、正確さ・妥当性について保証はするものではありません。

いかなる損害について責任を負うものではありません。事前に再確認してから情報をご利用ください。

 

スポンサーサイト