サン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ聖堂





paolo-iconeローマの守護聖人パウロ(イタリア語でパオロ)のお墓の上に建てられた4世紀のバジリカ様式の教会です。ローマのもう一人の守護聖人ペテロのお墓の上の教会は、ヴァチカン市国のサン・ピエトロ寺院です。

サン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ聖堂はサン。ピエトロ寺院、サンタ・マリア・マッジョーレ聖堂、サン・ジョヴァンニ・イン・ラテラノ聖堂と並んで、ローマ四大バジリカのひとつです。この際のバジリカというのは建築様式のバジリカではなく、ローマ法王庁から認められた教会ということで、ローマ市内にあってもヴァチカン管轄の教会になります。

paolo-1

 

paolo-2

観光客の多いローマの中心から外れたところに位置する聖堂は、古代ローマ時代、壁の外(フオーリ・レ・ムーラ)であったオスティエンセ街道沿いにはお墓が並んでいました。法によって壁内にお墓をつくることができなかったためオスティエンセ街道のように壁の外にのびる通りにはお墓が並びました。旧アッピア街道に顕著に見られます。

現在もこの聖堂の外の公園にはオスティエンセ街道沿いにお墓が並んでいます。

このパウロのお墓もその例外でなく、4世紀にそのお墓の上に聖堂が建てられました。

 

残念なことに1823年の火事で、大半が焼失してしまったので、現在の姿の大半は復元されたものです。

ファサードが新しく見えるのは19世紀に復元されたものだからです。

 

内部の天井も、火事の前は木造の小屋組みが見えていましたが、現在は格天井になっています。

ピラネージの銅版画に木造小屋組みの時代のサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ聖堂が残っています。

paolo-interno

後陣のモザイクは5世紀のもで見事です。

後陣手前には聖人パウロのお墓をガラス越しに見ることができます。

敬虔な信者が長い時間、その前で静かに座っているのを見るとこちらも神聖な気持ちになります。

paolo-tomba

 

paolo-catena

 

聖堂を出ると、脇には古いフレスコ画が残されています。

また、回廊も見ることができます。(有料)

 

paolo-4

 

paolo-5

 

paolo-6

 

次はバジリカならではの「聖なる扉」です。

著作権おける注意事項

このホームページ内の文章・写真、画像、動画、書類の著作権はroma-apiedi.comにあり、これらの無断での加工・転送・配布は法律により禁じられております。

免責事項

当ホームページでは掲載する情報について、十分な注意を払っておりますが、内容について変動するものもあり、正確さ・妥当性について保証はするものではありません。

いかなる損害について責任を負うものではありません。事前に再確認してから情報をご利用ください。

 

スポンサーサイト