ローマの水族館 現・ローマ建築会館





親カテゴリ: テルミニ駅界隈とエスクィリーノ
カテゴリ: 遺跡・建築

acquarioromano-iconeテルミニ駅に程近いエスクィリーノ地区は、ここはイタリア?と思わせるほどいろいろな人々が行き交う人種の坩堝。
最近では中華系の貿易商の事務所ならず、店舗ほとんどが中華系です。 

 

アジア人である私たちにはアジアの食品が手に入りやすいありがたいエリアでもあります。
ヴィットリオ・エマヌエーレ広場に立つ市場はイタリアのスーパーや市場では手に入らない日本食には欠かせない野菜も並ぶので、これまたさらにうれしい場所でもあります。 

 

acquarioromano-sopra

そんなエリアにひっそりと、Acquario Romano、ローマの水族館、と掲げられた
周囲とは雰囲気が異なる、ローマ建築風の建物が建っています。
現在は「ローマ建築会館」として、建築家の講義や、建築、デザイン、写真に関する展覧会や、CADなどの実践的な講習を開催しています。
遠目ではわかりませんが、その建物のディテールは、かつてこの建物が水族館であったことを物語っています。

見上げると、ファサードはまるでフォロ・ロマーノにある凱旋門のよう。
建物の平面はコロッセオと凱旋門があわさったような形になっています。 

 

acquarioromano-facciata

 

正面の庭から見てもやはり凱旋門。

 

esterno

凱旋門の後ろは円形競技場の形をしたパラッツォが続きます。
フリーズには海の生き物が彫刻されています。

 

1887年に水族館としてオープンしたのですが、なぜこのような記念碑のような建物としたのでしょうか。

 


1871年、統一イタリアの首都となったローマは、近代ヨーロッパの新しい首都として、

宗教とは一線を画した、科学の力を集約させた都市を目指そうと、養魚の専門家のピエトロ・ガルガニコをコモより招聘します。

また、この頃、ブルジョワがエククィリーノに移り住み始めたのを機に、このエリアに新首都ローマの心意気の表れである科学施設である水族館をつくることにしました。

建築家エットーレ・ベルニッヒは「ローマらしい」折衷様式の建築というコンセプトのものとに、アーチと円形競技場に着想を得たモニュメンタルな設計デザインとしました。

細部には水族館らしく、レリーフには海の生き物を施し、階段にはローマ神話の海の神のネプチューンのアイテムである銛をデザインモチーフに使いました。

 

dettagli-1

 

interno-11

 

建物の内部の壁画にも見られるように、この建物と同じ頃、やはり記念碑的な建築がローマに建てられています。

フォロ・ロマーノを背に、ヴェネツィア広場の前にそびえるヴィットリオ・エマヌエーレⅡ世記念堂です。

どちらも新生ローマの象徴的な建物です。

 

しかし、水族館としてこの建物が使われたのはわずか十数年のことでした。

 


 

水族館のあとは見世物小屋となったり、劇場となったりしました。

見世物小屋時代には中央のアトリウムの床のモザイクに馬などの動物が大きなダメージを与えてしまうことになります。

 

pavimento

エントランスに残る床のモザイク。

 

 

その後は、選挙事務所となり、さらに時を経て、2002年にローマ建築会館として公にデビューすることになります。

 

著名な建築家の講演や、建築、デザイン、写真などの展覧会を開催しているので、こちらの方面に興味のある人は、

建築会館のメールマガジンに登録するとイベント案内がアップデートされます。

 

次は、建築会館の中のおすすめ本屋さんとカフェです。

 


libreria-1

 

1階に併設されたブックショップでは建築に関する書籍や、その他デザイン、写真などに関する本を専門的に扱っています。

小さいながらも専門に扱っているので、建築の本を探している人はここにくれば見つけやすいです。

デザイン好きの人へのちょっとしたお土産も見つかるかもしれません。

 

libreria

小さなスペースですが、来る人が限られているのでじっくり本が探せます。

 

本屋さんの隣には小さなカフェがあります。

その名も Caffe' Progetto カフェ・プロジェクト。

caffe-progetto-1

 

caffe-progetto-3

 

周辺のエリアの喧騒とは打って変わった静けさです。

こちらものんびりできる空間です。

 

壁には建築のプレゼンテーション的なコンセプチュアルアートがあって洗練された感じに。

本がディスプレイされたガラスのカフェテーブルもなかなかよいです。

 

cafe-progetto

caffe-progetto-arte-2

caffe-progetto-2

 

建築好きの人へのおすすめ本屋さんとカフェでした。

 

水族館として残っていれば、それなりに楽しめますが、ローマの建築会館としての役割なら、

建て斧としては安泰でしょうか。ローマの建築の情報発信地として頑張ってもらいたいものです。

 

正面入り口に、受付がありますが、希望すれば建物の概要を説明してくれます。

2002年のオープン以来、残念なのは、意外と知られていないということだそうです。

建築という分野に限られているのと、おそらく立地的に移民が多いエリアであることかもしれません。

 

建築に興味のある方はぜひ足を運んでみて下さい。

テルミニ駅からすぐです。

 

Casa dell'Architettura 建築会館

Piazza Manfredo Fanti 47   00185 Roma

 

■ Bookshop LIBRERIA

Casa dell'Architettura 建築会館内 1F

 

■Caffe' Progetto

Casa dell'Architettura 建築会館 1F

 

本屋さんとカフェは建物の中からも入ることができますが、建物正面から右に回ると直接入ることができます。

 

次は、内部の写真をご紹介。興味のある方は引き続きどうぞ。


 

interno-1

自然光の入る大きなアトリウム。

壁面の液晶画面のところや白い部分に水槽がありました。

 

vetro

水槽があったニッチ。

上部のフレスコ画は当時のもの。

 

interno-17

桟敷席のような突き出たギャラリー。

劇場時代の名残。見学はできますが、大人二人までと制限しながらの見学です。

 

interno-15

interno-16

鋳物に彩色した列柱。

 

interno-14

水族館らしく、マリンな雰囲気の扉。

 





Bookmark and Share