ローマの水族館 現・ローマ建築会館





1871年、統一イタリアの首都となったローマは、近代ヨーロッパの新しい首都として、

宗教とは一線を画した、科学の力を集約させた都市を目指そうと、養魚の専門家のピエトロ・ガルガニコをコモより招聘します。

また、この頃、ブルジョワがエククィリーノに移り住み始めたのを機に、このエリアに新首都ローマの心意気の表れである科学施設である水族館をつくることにしました。

建築家エットーレ・ベルニッヒは「ローマらしい」折衷様式の建築というコンセプトのものとに、アーチと円形競技場に着想を得たモニュメンタルな設計デザインとしました。

細部には水族館らしく、レリーフには海の生き物を施し、階段にはローマ神話の海の神のネプチューンのアイテムである銛をデザインモチーフに使いました。

 

dettagli-1

 

interno-11

 

建物の内部の壁画にも見られるように、この建物と同じ頃、やはり記念碑的な建築がローマに建てられています。

フォロ・ロマーノを背に、ヴェネツィア広場の前にそびえるヴィットリオ・エマヌエーレⅡ世記念堂です。

どちらも新生ローマの象徴的な建物です。

 

しかし、水族館としてこの建物が使われたのはわずか十数年のことでした。

 

著作権おける注意事項

このホームページ内の文章・写真、画像、動画、書類の著作権はroma-apiedi.comにあり、これらの無断での加工・転送・配布は法律により禁じられております。

免責事項

当ホームページでは掲載する情報について、十分な注意を払っておりますが、内容について変動するものもあり、正確さ・妥当性について保証はするものではありません。

いかなる損害について責任を負うものではありません。事前に再確認してから情報をご利用ください。

 

スポンサーサイト