サンタ・プデンツィアーナ教会





親カテゴリ: テルミニ駅界隈とエスクィリーノ
カテゴリ: 教会

pudenziana-iconeローマでモザイク鑑賞巡りをするなら、近くのサンタ・プラセーデ教会とローマ四大バジリカの一つサンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂とあわせてまわりたい教会の一つです。

 

 

現在はフィリピンのローマでの教会になっているのでフィリピン人をよくみかけます。
こじんまりとした教会ですが、その歴史は古く、建物の時代ごとの変容もさまざまです。
最も古いキリスト教会のひとつといえる、4世紀に教会となった建築です。

この教会の近くのサンタ・プラセーデ教会に祭られるプラセーデと
この教会の名前にあるプデンツィアーナは元老院プデンテの娘姉妹です。
ここは紀元2世紀に、その元老院プデンテの家があったとされています。
現在でもこの教会は面する道路より低いところにありますが、
プデンテの家はさらに9m地下にあったといわれています。
その後、浴場になったあと、教皇シリキウスの命で教会が建てられました。

教会の中には古い遺構が見ることができます。

pudenziana-interno

ぱっと見た内観はいたってシンプルですが、よく見ると古い遺構が見ることができて興味深いです。
正面のアーチのモザイクは4世紀のもの。

pudenziana-mosaici

4世紀にさかのぼる天井のアーチを彩るモザイクは、使徒たちがローマ時代の衣装、
トーガを身にまとった形で描かれています。



次はこの教会の構造の変遷をのぞいてみます。

 


pudenziana-struttura

当初はバジリカ建築だったことがうかがえます。

上部の窓から採光していて、天井もおそらく平らかもしくは小屋組トラスの組まれた
勾配の天井であったのでしょう。

後陣の後ろには半円のアーチの歩廊があります。
そこには、古い壁画や彫刻など、教会になる前のものと推測されるものが点在しています。
状態はあまりよい感じでないのが残念です。

pudenziana-pecora

 

pudenziana-muro

青海波のような残された壁の装飾の一部。

 

pudenziana-scala

埋められていますが、地下に行くことができそうな、らせん状の階段。

まだ他にも建物の変遷を物語るものは見つかりそうなので、
謎解きが好きな方はぜひ、ゆっくり廻ってみて下さい。

 

次は、ひっそりした空間に存在している大物建築家の作品を紹介します。


 

pudenziana-maderno

ひっそりとした教会の中に鮮やかな大理石の小礼拝堂。
ローマのルネッサンス期に活躍した建築家、カルロ・マデルノの作品です。

カルロ・マデルノといえばサン・ピエトロ大聖堂のファサード、
いわばサン・ピエトロ大聖堂の顔を手がけた建築家です。

他にも、サンタンドレア・ヴァッレ教会など、スイスで生まれ、ローマで大活躍した建築家です。
現在は、サン・ジョヴァンニ・デイ・フィオレンティーニ教会にボッロミーニと共に眠っています。

 

pudenziana

ファサードは17世紀に大幅改修されたときのものです。
前庭もシンメトリーの階段からのアプローチがなんとも素敵です。

 

pudenziana-cortile

 

 

モザイクだけでなく、一つの建物で見る、ローマの長い歴史をこじんまりとした教会で感じてみて下さい。

 

 

 


■ サンタ・プデンツィアーナ教会
Santa Pudenziana

 

200px-metropolitana_di_roma.svgメトロA線/B線 Termini駅、  B線 Cavuor

 

サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂のすぐ近くです。
初期キリスト教時代、モザイクに興味がある方は、そちらとあわせて回ってみてください。

 

 

 

 

 





Bookmark and Share