酔っぱらった罰?もの言う像、ファッキーノの噴水





icone-facchino崩れてしまった顔とややうなだれた感じが切ない雰囲気をかもし出す、ローマの街の有名人のひとり、

ファッキーノ。ファッキーノは運び屋さんの意味で、言い伝えではアボンディオ・リッツォという名のルネッサンス時代の運び屋さんのであるとか、なんとマルティン・ルター説まである。
当時の運び屋さんで名前がフルネームで今日まで伝わり像にまでなっているのだから、なにか秘話があるのではと思うが、明らかになっている事はなにもない。
一部では酔っぱらったアボンディオの罰として大好きなワインのかわりに水を持たされているとかいう説があるが、あまり定着はしていない。
でもこのうなだれ加減、しゅんと気落ちしている雰囲気が伝わってこないわけでもない。

像のデザインは1587年ヤコポ・ダ・コンテのデザインによるもの。
ちなみに水はヴィルゴ水道から引いており、トレヴィの泉のそれと同じである。
また、ローマの都市計画が盛んであった頃の1874年に、同じ建物のコルソ通りに面していたのが移設されて今のVia Lata通りに面するようになった。

そして忘れてはならないのは、ローマの街角にいる「話す像、もの言う像」衆の一人。
ものいう像ではないが、近くのピエ・ディ・マルモと同じ頃にきれいに修復され、
それと同時に囲われてしまった。


facchino-1.jpg  facchino-02.jpg  facchino-3


Facchino
ファッキーノ

Via Lata, Roma

コルソ通りとラータ通りがぶつかる一角。


JavaScript must be enabled in order for you to use Google Maps.
However, it seems JavaScript is either disabled or not supported by your browser.
To view Google Maps, enable JavaScript by changing your browser options, and then try again.






 





Bookmark and Share







著作権おける注意事項

このホームページ内の文章・写真、画像、動画、書類の著作権はroma-apiedi.comにあり、これらの無断での加工・転送・配布は法律により禁じられております。

免責事項

当ホームページでは掲載する情報について、十分な注意を払っておりますが、内容について変動するものもあり、正確さ・妥当性について保証はするものではありません。

いかなる損害について責任を負うものではありません。事前に再確認してから情報をご利用ください。

 

スポンサーサイト