サン・ロレンツォ・イン・ルチーナ教会





lucina-iconeユノーの井戸の上に建てられたとされる、ローマでは古い初期キリスト教建築のひとつです。

現在の表の姿は12世紀に正面のポルティコ(柱廊)とロマネスクの鐘楼が増築されたものです。

内部はバロックの礼拝堂に置き換えられ、その後も取壊されたので、時代・様式のカテゴリーをわけるのはナンセンスですが、表の姿からロマネスクとしておきます。

正面のポルティコは12世紀の増築ですが、柱自体は古代ローマ古代のものでリサイクルされたものです。

柱頭は中世のものだそうです。

内部は1850年代に全体的につくりかえられ、初期キリスト教建築の典型であるバジリカ様式が取り払われ、もとの側廊はバロックの礼拝堂に置き換えられました。

lucina

 

lucina-2

ベルニーニによるフォンセカ礼拝堂とグイド・レニの磔刑は見逃せません。

フランスの画家、ニコラス・プサンの墓はここにあります。

 

教会入り口の右の壁には1870年10月27日にテベレ川が氾濫したときの水位が記されています。

どれほどの水がローマの街に流れ込んだか計り知れません。

 

lucina-1

lucina-3

 

地下には古代ローマ遺跡が眠っています。

月初めの日曜日には地下遺跡のツアーを実施しています。

 

 

 

 


■ サン・ロレンツォ・イン・ルチーナ教会

San Lorenzo Iin Lucina

 

Via in Lucina, 16A  Roma

 

 

 





Bookmark and Share







著作権おける注意事項

このホームページ内の文章・写真、画像、動画、書類の著作権はroma-apiedi.comにあり、これらの無断での加工・転送・配布は法律により禁じられております。

免責事項

当ホームページでは掲載する情報について、十分な注意を払っておりますが、内容について変動するものもあり、正確さ・妥当性について保証はするものではありません。

いかなる損害について責任を負うものではありません。事前に再確認してから情報をご利用ください。

 

スポンサーサイト