失われたローマ





カテゴリ: 「失われたローマ」

Roma Sparita 失われたローマローマを歩いていると、ふと、時間が止まったような街角に出会うことがあります。


決してきれいとはいい難いその街角が、遠い国から来た人間でも懐 かしいと感じさせる不思議な瞬間です。 

そこにあるのは古代ローマ帝国の栄華でもなく、教皇たちの残した豪奢な建物でもなく、ローマの庶民 の生活の舞台であったりします。

そこでこのサイトで一目をおいているのが「失われたローマ-Roma Sparita」と呼ばれる絵画のシリーズです。


「失われたローマ -Roma Sparita」

19 世紀後半に活躍したローマ生まれのイタリア人画家、エットーレ・ロースラー・フランツ(1845-1907)の代表作であるローマの風景、とりわけ庶民の生活風景を切り取った絵 画のシリーズです。
ドイツ系移民の家系に生まれたため、ドイツ系の名前がついています。

当時には珍しく、エットーレ・ロース ラー・フランツはカメラを使いながらローマの人びとの日常生活を詳細まで描き上げました。
この「失われたローマ」の一連の作品は、彼の名前を有名 にした作品です。一連の絵画は120作品あり、ローマ市が購入し原画をブラスキ宮殿にあるローマ美術館が所蔵しています。実際はドイツでの展覧会の際に一 点が行方不明となっているため、残念ながら一点欠けています。

こちらのサイトでは、デッドストックの絵はがきによる同シリーズの紹介とな りますが、原画は水彩画ならではのやさしい繊細なタッチで描かれています。やさしいなかでも細部まで緻密な描写がいきわたっています。

庶 民の生活こそ21世紀の今日では大きく変わりましたが、ローマの街角には当時と変わらないものも残っており、実際の風景を比べてみると興味深いです。


時代的にはフロイトがローマを旅行していた頃です。スタンダールやゲーテがローマで過ごした半世紀後ぐらいのローマです。
彼らの著述したローマはエットーレ・ロースラー・フランツが描いたローマを思い浮かべるとよいでしょう。
この頃のローマは統一イタリアの首都となり、中心にはヨーロッパの国の一首都として、政治、文化、科学に貢献した象徴的な建物が建ち始めます。また王政下、王の名を戴いたモニュメンタルな建物もでき始め、ちょっとした建築ラッシュでした。
一方で、エットーレ・ロースラー・フランツが描いた庶民の生活はローマの中心部の急速な変化とは無縁のようにすら感じます。
このような時代背景を思い浮かべながら、19世紀の終わりから世界大戦に突入する前のローマを絵画の中で散歩してみてください。


Buona passeggiata a Roma nel fine del diciannovesimo secolo .



ettore-rf

ジャコモ・バッラによるエットーレ・ロースラー・フランツの肖像画(1903年頃)


エットーレ・ロースラー・フランツの「失われたローマ-Roma Sparita」はこちらこらどうぞ。





Bookmark and Share