コーラ・ディ・リエンツォの家とされている家





親カテゴリ: 「失われたローマ」
カテゴリ: アヴェンティーノ

cola-di-rienzoCosi' detta Casa di Cola di Rienzo
コーラ・ディ・リエンツォの家とされる家








cola-di-rienzo

Cosi' detta Casa di Cola di Rienzo
コーラ・ディ・リエンツォの家とされる家

ローマが侵攻とペストで苦しんだ中世の時代、1300年代にローマにはコーラ・ディ・リエンツォ(1313-1354)という青年が、古代ローマ帝国を復興させようと登場します。
一時期はローマの民の心をつかんだものの、最後はただの扇動者として終わります。

かつてゲットーいわれた、今日もシナゴーグがある界隈に生まれたとされるコーラ・ディ・リエンツォ(ニコラ・ディ・ロレンツォ)ですが、真実の口に近い、中世の物見櫓を古代ローマの遺跡で装飾したリサイクル建築が彼が住んだ家とされています。
この絵にある階段がついた右端の家は現在は歩道になっています。
この家は、クレシェンツィ家の塔として現在でも残っています。


「失われたローマ」散歩マップはこちら




Bookmark and Share