コーラ・ディ・リエンツォの家とされている家





cola-di-rienzoCosi' detta Casa di Cola di Rienzo
コーラ・ディ・リエンツォの家とされる家








cola-di-rienzo

Cosi' detta Casa di Cola di Rienzo
コーラ・ディ・リエンツォの家とされる家

ローマが侵攻とペストで苦しんだ中世の時代、1300年代にローマにはコーラ・ディ・リエンツォ(1313-1354)という青年が、古代ローマ帝国を復興させようと登場します。
一時期はローマの民の心をつかんだものの、最後はただの扇動者として終わります。

かつてゲットーいわれた、今日もシナゴーグがある界隈に生まれたとされるコーラ・ディ・リエンツォ(ニコラ・ディ・ロレンツォ)ですが、真実の口に近い、中世の物見櫓を古代ローマの遺跡で装飾したリサイクル建築が彼が住んだ家とされています。
この絵にある階段がついた右端の家は現在は歩道になっています。
この家は、クレシェンツィ家の塔として現在でも残っています。


「失われたローマ」散歩マップはこちら




Bookmark and Share







著作権おける注意事項

このホームページ内の文章・写真、画像、動画、書類の著作権はroma-apiedi.comにあり、これらの無断での加工・転送・配布は法律により禁じられております。

免責事項

当ホームページでは掲載する情報について、十分な注意を払っておりますが、内容について変動するものもあり、正確さ・妥当性について保証はするものではありません。

いかなる損害について責任を負うものではありません。事前に再確認してから情報をご利用ください。

 

スポンサーサイト