ローマ発祥の地、パラティーノ

パラティーノの丘

 

パラティーノ丘

ローマ建国の伝説はここから始まりました。ローマ7つの丘のひとつです。

雌狼に育てられたという双子の兄弟ロムルスとレムス。

この二人が育ったといわれている小屋はこの辺りにあったとされています。

その後、この地はローマ帝国の政治と信仰の中心となります。

現在のローマの中心はフォロ・ロマーノを見下ろす位置にあるカンピドーリオの丘の上。

馬に跨ったアウレリウス帝の像(オリジナルはカピトリーニ博物館にあります。)が広場の中心に建っています。

 

このホームページでは、フォロ・ロマーノとリヴィアの邸宅などの遺跡があるパラティーノの丘、ローマ市庁舎とカピトリーニ美術館があるカンピドーリオの丘とヴェネツィア広場界隈を含んでいます。

ムッソリーニが遺跡の上にひいてしまった道路、フォリ・インペリアーリをはさんだトライアヌスの市場などもこのエリアに入っています。

コロッセオもお隣ですが、ここではチェリオの丘とサン・ジョヴァンニ界隈にあります。

 

古の世界の都、Caput mundiを見てまわるならこのエリアです。

 

このエリアの最寄りの駅


 

メトロB線 コロッセオ駅、チルコマッシモ駅

 

 

お散歩INDEX


 

 

 

このカテゴリに記事は存在しません。このページにサブカテゴリを表示するには、記事を含んでいる必要があります。

著作権おける注意事項

このホームページ内の文章・写真、画像、動画、書類の著作権はroma-apiedi.comにあり、これらの無断での加工・転送・配布は法律により禁じられております。

免責事項

当ホームページでは掲載する情報について、十分な注意を払っておりますが、内容について変動するものもあり、正確さ・妥当性について保証はするものではありません。

いかなる損害について責任を負うものではありません。事前に再確認してから情報をご利用ください。

 

スポンサーサイト