フクロウの館





icone-civetteトルローニア公園内にある、フクロウの館の名で呼ばれる建物は、ここはどこかのテーマパークかと思わせる

独特の雰囲気をもつ。

 

1840年にアレッサンドロ・トルローニア王がジュゼッペ・ジャッペッリに命じて建て、

1938年まで王家の血を引くジョヴァンニ・トルローニア・ジュニアが住んでいた。

 

 

現在ではローマ・リバティの作品が見られるステンドグラスなどが展示された美術館となっている。

ドゥイリオ・カンベロッティなどの優れた工芸家、芸術家のステンドグラスがデッサンとともに見ることができる。

リバティや工芸が好きな人にはおすすめしたい場所。

 civette-12

 

 

スイスのヒュッテのような建物は折衷様式で、古代ローマ時代の柱頭付の柱を装飾モチーフとして使用したり、

ここから近いコッペデ街区に共通するデザインの要素が見られる。

 内装には、日本では食器で馴染みが深い、リチャード・ジノリやビレロイ&ロッホの陶磁器タイルを一部見ることができる。

フクロウの館とよばれるいわれの陶器タイルがヒュッテ風の入口の

破風にある。内部のフクロウのデザインのステンドグラスも美しい。

あらゆるディテールが凝った工芸品で埋めつくされている。

 ローマではめずらしいリバティを味わうことができる。

 

 

 

■ギャラリー(クリックで写真拡大)

 

         

    


 


■ フクロウの館

 

Via Nomentana,70 Roma

トルローニア公園内

 

テルミニ駅から90番のバス

 

 

トルローニア公園内の美術館

 

貴族の館(カジーノ・ノービレ) ー 王子の館 ー ショア博物館建設中

 

 

 

 

 





Bookmark and Share







著作権おける注意事項

このホームページ内の文章・写真、画像、動画、書類の著作権はroma-apiedi.comにあり、これらの無断での加工・転送・配布は法律により禁じられております。

免責事項

当ホームページでは掲載する情報について、十分な注意を払っておりますが、内容について変動するものもあり、正確さ・妥当性について保証はするものではありません。

いかなる損害について責任を負うものではありません。事前に再確認してから情報をご利用ください。

 

スポンサーサイト