貴族の館





icone-torlonia貴族の館(カジーノ・ノービレ)はトルローニア公園の中にある建物のひとつで、ローマの最後の王家のひとつ、トルローニア家の屋敷であり、現在はローマ市営の美術館になっている。

ファシズム政権の独裁者ムッソリーニはローマの最後の

時期をここで過ごし、逮捕されたのもここである。

 

建物自体は白亜のぺディメントを戴いた新古典主義の建築様式。

ローマでは「オリジナル」があるので、めずらしい様式。

 

1,2階は建物を見せながら所蔵品を展示している。

王家のダンスホールや、王子のサロン、ムッソリーニ時代の寝室も展示として残されている。

フレスコ画で埋めつくされた部屋は見事で、とても美しい。

 

casino-nobile-5

 

 

1階のダンスホールとそれを囲むように配置された美しい小部屋の数々。

 

 

2階は王子のためのサロンで、こちらも絵画に埋めつくされた美しい部屋の数々。

 

3階はローマ派の画家の常設展示となっている。

その一室には第二次世界大戦中に英米の進駐軍が描いた、落書きというにはしのびない

テンペラ画が残されている。

 

casino-nobile-10

 

地下には戦時中の防空壕があり、こちらは予約制で公開されている。

 

公園内にはトルローニア家の王子のための家、王子の館が企画展のための美術館となっている。

その他、フクロウの館という不思議な雰囲気の折衷様式の建物もあり、

こちらはローマリバティ、アーツアンドクラフトなどの工芸を中心とした美術館となっている。

また敷地内にはユダヤ人の悲劇を伝えるショア博物館の建設が進められている。

 

 

■ギャラリー(クリックで写真拡大)

 

 

            


 

 


■ 貴族の館(カジーノ・ノービレ)ー トルローニア美術館

Il Casino Nobile

Via Nomentana,70 Roma

 

テルミニ駅から90番のバスでノメンターナのトルローニア下車。

 

トルローニア公園内には

王子の館 ー フクロウの館

が美術館として作品と建物とを公開している。

敷地内にショア博物館も建設中である。

 

 

 

 

 





Bookmark and Share







著作権おける注意事項

このホームページ内の文章・写真、画像、動画、書類の著作権はroma-apiedi.comにあり、これらの無断での加工・転送・配布は法律により禁じられております。

免責事項

当ホームページでは掲載する情報について、十分な注意を払っておりますが、内容について変動するものもあり、正確さ・妥当性について保証はするものではありません。

いかなる損害について責任を負うものではありません。事前に再確認してから情報をご利用ください。

 

スポンサーサイト