ブラスキ宮殿





pasquino-iconeブラスキ宮殿はローマのルネッサンスの中心であるナヴォナ広場とヴィットリオ・エマヌエーレⅡ世通りの間に建っています。
1775年に教皇に選出されたピウス6世の甥である

ルイージ・ブラスキ・オネスティの住まいとしてイーモラの建築家コジモ・モレッリに依頼されました。

この建物はかつて1400年代のローマ総督フランチェスコ・オルシーニの宮殿が建っていたところです。
このオルシーニ宮殿の工事の再に数々の像が見つかり、その一つがパラッツォの一角に置かれました。
「語る像」としてパスクイーノの名前で今日までローマの市民に親しまれてきました。

1500年代にはオリヴィエロ・カラファ枢機卿、その後にはアントニオ・チョッキ・デルモンテが住み、
ナヴォナ広場とクッカーニャ通りにはさまれた角にはアントニオ・ダ・サンガッロ・イル・ジョーヴァネによる塔が飾られました。
1600年代の終わりにはオルシーニ家の所有に戻り、1790年、ブラスキ家に売却されました。

1791年にオルシーニ宮殿は取壊され、翌年にはコジモ・モレッリ設計の新しい建物の工事が始まりました。
1798年にはフランス軍の占領によって工事は中断し、その間、ピウス6世が亡命先で死去しましたが、
1802年には工事が再開されました。
1804年にはジュゼッペ・ヴラディエールによると思われる象徴的な大階段と
おそらく1階の礼拝堂が完成されていました。
ルイージ・ブラスキの経済的な理由により、宮殿の完成とはならなかったものの、1816年の彼の死の際には、
未完成であったのはほんの一部であったといいます。

相続人により、1871年にイタリア政府に売却され、建物は内務省のオフィスとなり、つづいてファシスト政権下におかれました。
第二次大戦後は1949年まで300世帯にもなる避難民がここで生活していました。
戦火によりフレスコ画やモザイクは大きな損傷を受け、時代のさなか、多くのものが破壊され、盗まれました。

1952年からはローマ博物館となり、ようやく1990年に国からローマ市の所有となりました。
1987年には施設として機能の存続が不能となり、いったん閉館し、再構築と修復により、
2002年に一部を再オープンすることができ、2010年の全館リニューアルオープンを迎えようとしています。

pasquino
宮殿より親しまれている話す像、パスクイーノ


ローマ博物館のインフォメーションはこちら


JavaScript must be enabled in order for you to use Google Maps.
However, it seems JavaScript is either disabled or not supported by your browser.
To view Google Maps, enable JavaScript by changing your browser options, and then try again.











Bookmark and Share







著作権おける注意事項

このホームページ内の文章・写真、画像、動画、書類の著作権はroma-apiedi.comにあり、これらの無断での加工・転送・配布は法律により禁じられております。

免責事項

当ホームページでは掲載する情報について、十分な注意を払っておりますが、内容について変動するものもあり、正確さ・妥当性について保証はするものではありません。

いかなる損害について責任を負うものではありません。事前に再確認してから情報をご利用ください。

 

スポンサーサイト