サンタ・マリア・デッラ・パーチェ教会





pace-icone教会が開いていたら幸運、というくらい閉まっていることの多い教会です。

とても小さな教会ですが、正面から見たときの美しさはなんともいえません。1504年に

ブラマンテによってキオストロ(回廊)が付け足されました。こちらの回廊は現在企画展を行う美術館になっています。

中庭に面した素敵なカフェも併設しています。

1656年にはピエトロ・ダ・コルトーナがおそらくブラマンテのテンピエットを意識したであろう半円のポルティコを正面に付けました。

pace

教会の中は、ラッファエッロが銀行家のアゴスティーノ・キジのために描いたフレスコ画があります。

また、バルダッサーレ・ペルッツィやアントニオ・ダ・サンガッロも手がけているところがあり、建築の教科書ですかというくらい

なんとも豪華な顔ぶれです。

 

教会自体は教皇シクトゥス4世デッラ・ローヴェレが戦争が終わることを願ってマリア像を置いたことに由来します。

やがて戦争が治まったので、Pace パーチェ=平和と名づけられました。

 

近くのカフェ・デッラ・パーチェもおすすめです。

 

ブラマンテのキオストロ(回廊)はこちら。

 


 

■ サンタ・マリア・デッラ・パーチェ教会

Santa Maria della Pace

 

Vicolo del Arco della Pace, 5 Roma

 





Bookmark and Share

著作権おける注意事項

このホームページ内の文章・写真、画像、動画、書類の著作権はroma-apiedi.comにあり、これらの無断での加工・転送・配布は法律により禁じられております。

免責事項

当ホームページでは掲載する情報について、十分な注意を払っておりますが、内容について変動するものもあり、正確さ・妥当性について保証はするものではありません。

いかなる損害について責任を負うものではありません。事前に再確認してから情報をご利用ください。

 

スポンサーサイト