サンティーヴォ・アッラ・サピエンツァ教会





ivo-iconeらせん状に空にのびる尖塔が美しいバロックの教会。ボッロミーニの代表作のひとつ。

かつてローマ大学「ラ・サピエンツァ」があった敷地の中に建っており、大学の礼拝堂として建てられた。

コルソ・リナシメント通りから中庭を介した見えるアプローチに感動を覚える。

 

ivo-1

 

 

 

ベルニーニのよきパトロンである教皇ウルバヌス8世がフランチェスコ・ボッロミーニに依頼して1642-1666年にかけてつくられた

大学の礼拝堂。

聖イヴはローマではあまり聞かない聖人だが、フランスのブルターニュの聖人(1253-1303年)で、

司教区のよき支援者である弁護士が守護聖人としてこの名前を望んで聖イヴとなったという。

 

装飾は豪華にもみえるバロックの装飾だが、ボッロミーニはレンガのような安価な素材を上手に活かすことにおいても天才であり、

壁面はレンガで曲面を描いているのがわかる。

レンガによるものはサン・フィリッポ・ネーリのオラトリウムにも見ることができる。

 

教会の中にはいると、平面が180度回転した2つの正三角形と円の組合せであることがわかる。

ニッチ(壁のくぼみ)は三角形の垂線の延長と円周との交点を中心に円を描いて・・・といったようにバロックの建物に入ると

パズルのように図形の組合せがどう派生していくかを考えながら楽しむ。

 

天井のデザインと対称の床のデザインがボッロミーニによく見られる手法。

これもまたボッロミーニのデザイン要素であるプットー(ケルビムや天使のこども)があらゆるところに登場する。

ボッロミーニのデザインにより、プットーの装飾は一般にバロックのデザインの特徴となった。

 

 

 

 

教会はイタリア統一運動の混乱で1870年には大学の図書館の倉庫とされたため、

1926年に公開されるまで閉鎖されていた。

教会内のニッチ(壁のくぼみ)には12聖人の像が置かれていたそうっだが、決して美しいとはいえるものではなかったらしく、

ローマっ子にバブイーノとあだ名されていたが、700年代に取壊されたとのこと。

そのようないきさつにより、なにもない空のニッチが教会を取り囲んでいる。

 

 

 

 ■ギャラリー(クリックで写真拡大)

 

             


 


■サンティーヴォ・アッラ・サピエンツァ教会 ー サピエンツァ大学の聖イヴ教会

Sant'Ivo alla Sapienza

 

Corso Rinascimento, 40 - 00186 Roma

 

ナヴォナ広場から近く。

 

 

 

 





Bookmark and Share

著作権おける注意事項

このホームページ内の文章・写真、画像、動画、書類の著作権はroma-apiedi.comにあり、これらの無断での加工・転送・配布は法律により禁じられております。

免責事項

当ホームページでは掲載する情報について、十分な注意を払っておりますが、内容について変動するものもあり、正確さ・妥当性について保証はするものではありません。

いかなる損害について責任を負うものではありません。事前に再確認してから情報をご利用ください。

 

スポンサーサイト