カンピドーリオ広場





親カテゴリ: ローマ発祥の地、パラティーノ
カテゴリ: 広場・噴水

今日ではカンピドーリオと呼ばれているが、ローマ発祥から重要な場所であった

ユピテルの神殿があったカピトリーノの丘にある広場。

教皇ピウス3世の時代に、その命によってミケランジェロが設計した美しい広場。

その敷石の幾何学の紋様はロゴにも使われたりもする、ローマの

象徴のひとつともいえる。

丘の上にあるこの広場までの緩やかにのぼるアプローチは、コルドナータと呼ばれ、

となりの心臓破りのアラチェーリの階段とはちがって、ゆったりと丘の頂上にたどり着くことができる。

これもミケランジェロのなせる技であろうか。

 

中央には哲学の造旨が深い、皇帝アウレリウスの騎馬像が立っている。

こちらはレプリカでオリジナルは広場に面するカピトリーニ美術館にある。

広場の正面はローマ市の市庁舎で、カンピドーリオというとローマ市議会のことを

新聞では指したりもする。

側面の4つの建物がカピトリーニ美術館となっている。

 

 

 

■ギャラリー(クリックで写真拡大)

 

 

 

 


 

■カンピドーリオ広場

Piazza Campidoglio

 

ベネツィア広場からすぐ

バス40番,64番など

 

 

 

 

 

 

 

 



 





Bookmark and Share