スタディオ・オリンピコとフォロ・イタリコ





 

italico-1

 

italico-2

 

筋骨隆々の大理石のアスリートがずらりと並ぶのは大理石スタジアムと呼ばれ、市民も太陽の下、

憩う。

ビアンコ・カラーラの大理石の像は60体に及ぶが、

実際は一体足りない59体。

イタリア合理主義建築を代表する建築のひとつで、1935年にエンリコ・デル・デッビオにより完成。

デッビオはこのスタジアムのほか、フォロ・イタリコの中では入り口のオベリスクの近くのレンガ色の建物の体育・教育アカデミーの校舎にも携わっている。

 

italico-3

italico-4

 

olimpico-intero

 

オベリスクの近くの建物は屋内競泳プールがあり、

壁のモザイクが美しい。

 

italico-piscina

 

 


■ スタディオ・オリンピコとフォロ・イタリコ ■

Stadio Olimpico Foro Italico

 

200px-metropolitana_di_roma.svg メトロA線 Flaminio(フラミニオ)駅から2番のバスで、

フラミニオ街道を折り返したPiazza Mancini(マンチーニ広場)下車 ドゥーカ・ダオスタ橋を渡ってすぐ。

 

 

JavaScript must be enabled in order for you to use Google Maps.
However, it seems JavaScript is either disabled or not supported by your browser.
To view Google Maps, enable JavaScript by changing your browser options, and then try again.

 





Bookmark and Share

著作権おける注意事項

このホームページ内の文章・写真、画像、動画、書類の著作権はroma-apiedi.comにあり、これらの無断での加工・転送・配布は法律により禁じられております。

免責事項

当ホームページでは掲載する情報について、十分な注意を払っておりますが、内容について変動するものもあり、正確さ・妥当性について保証はするものではありません。

いかなる損害について責任を負うものではありません。事前に再確認してから情報をご利用ください。

 

スポンサーサイト