レンゾ・ピアノの音楽ホール Auditorium Parco della Musica





musica-icone世界に誇るイタリアの建築家、レンゾ・ピアノの設計した音楽ホールの複合施設。
日本では、関西国際空港や東京銀座のエルメスの美しいビルで知られている。

2004年にオープン。

音楽に関するイベントを含め、ポップからクラシックまでのコンサートやライブ、演劇、ダンスが上演される。
ここのところ毎年秋に開催されているローマ国際映画祭でもおなじみの場所となった。

屋外ホールを3つのスカラベの姿をした音楽ホールが囲んでいる。

1960年にローマオリンピックが開催されたときのオリンピック村に建てられている。
敷地内には古代ローマ時代の遺跡も発掘され、遺跡を見ながら、発掘された展示品を見ることができる。
周辺は緑が多く、ちょっとしたお散歩にも気持ちがよい。

ブックショップは音楽に関する本が取り揃えられているので、音楽に関するものを探している方は
こちらのブックショップがおすすめ。

また、近くには近代建築の代表作、ピエル・ルイジ・ネルヴィのスポーツ施設や、
2010年オープンのザハ・ハディドの設計のMAXXI美術館もあるので
建築好きな方は、ポポロ広場のあるFlaminio(フラミニオ)から2番のバスでパラッツォ・デッロ・スポルトで下車。
近代・現代の建築めぐりができる。

 

musica-1

musica-3

スカラベを3つ写すアングルがなかなか見つからず。

musica-archeo

ローマは新築工事は大変と想像に難くない。掘ればいろいろ出てきてしまうから。

 

 


■ 音楽の公園ホール

Auditorium Parco della Musica

 

メトロA線 Flamminio(フラミニオ)駅からバス2番(頻繁に出ている。)
またはバスのM(Musica=音楽のMです)、910番がテルミニ駅からでている。
こちらは終点なのでそのまま乗っていれば到着。

 

ホームページ

http://www.auditorium.com/





Bookmark and Share

著作権おける注意事項

このホームページ内の文章・写真、画像、動画、書類の著作権はroma-apiedi.comにあり、これらの無断での加工・転送・配布は法律により禁じられております。

免責事項

当ホームページでは掲載する情報について、十分な注意を払っておりますが、内容について変動するものもあり、正確さ・妥当性について保証はするものではありません。

いかなる損害について責任を負うものではありません。事前に再確認してから情報をご利用ください。

 

スポンサーサイト