ポモドーロのNOVECENTO





親カテゴリ: E.U.R. エウル
カテゴリ: 広場・噴水

pomodoro-900-icone2004年に完成した、ローマ市の依頼によるイタリアを代表する彫刻家、Arnaldo Pomodoroの彫刻、"NOVECENTO"。

ネルヴィとピアチェンティーにによる体育館施設、PalaLottomaticaの前の広場にある。

名前がNOVECENTO=900と1900年代を彷彿とさせ、エウルという「らしい」タイトルがつけられている。

ローマでポモドーロといえばヴァチカン市国の庭園にもある。

 

ポモドーロの作品は概ね、そのディテールが緻密であるが、こちらはダイナミックな彫刻。

スパイラル上に上昇していくデザインがさらに動きを与えている。

円錐の下は直径7メートル、高さは21メートルのブロンズの塊。

 

閑散とした広場だが、彫刻は存在感がある。

 

 


"NOVECENTO" Arnaldo Pomodoro

 

Piazzale dello Sporto のCristoforoColombo通りに囲まれた南側にある。

 





Bookmark and Share