サン・クレメンテ教会





clemente-icone古代ローマの中心コロッセオにも近い、チェリオの丘からサン・ジョヴァンニ界隈はそぞろ歩きが楽しいエリア。
お店やカフェがたくさんあるわけではないが、古代ローマの中心から近いこともあり、


古代ローマ時代から次の時代への移り変わりを物語る教会、遺跡がある。
このエリアの教会は、どれも時代の変遷の中で重要でとても興味深いものばかりで、
おすすめしたいものばかり。



clemente-cortile

その中のひとつ、サン・クレメンテ教会はVia LabicanaとVia San Giovanni in Lateranoにはさまれたところにある。
入り口はどちらにもあるが、中庭からファサード(正面)のアプローチがとても素敵なので、
Piazza di San Clemente クレメンテ広場、と広場とはいうもののほとんど道路のようなところから入ることをおすすめ。
道路面より少し下がったところにある。

ファサードがバロック期に手が加えられたが、ほとんどは12世紀の中世のものが残っている。
床に見られる一面のコズマーティ様式のモザイクがそれを物語っている。

後陣の輝かしいモザイクも見事。
また、カテリーナ小礼拝堂には貴重なマゾリーノによるフレスコ画が残っている。


モザイク、フレスコ画とこれだけでも見応えが十分あるが、
地下にもまだまだ興味深いものがある。

地下は見学が有料。

暗く広い地下には水の流れる音が響く。
古代ローマ時代の大排水溝、クロアカ・マクシマだ。
現在は、クロアカ・マクシマが一般公開されていないので、ぜひこちらで。

さらに地下にはミトラ教の神殿が眠っている。
祭壇もきちんと残っている。
ミトラ教は現在のシリア方面からここローマにもたらされた信仰。
古代ローマのキリスト教の迫害の歴史はむごいものでしたが、
方々から奴隷やローマ市民権を得た属州の民のために、
他信仰に寛容であったローマで信仰するものを増やした信仰のひとつがミトラ教。

信ずる対象が違っていても、ここは常に信仰の場所であった。


ローマの地下の遺跡探検を比較的自由に回ることができるところはあまり他にないといえる。

長いローマの歴史を物語る建物として、ぜひおすすめしたいのがこちらの教会。 
地下で人の声が遠くなると、雫の音が響き渡ってちょっと不安になるが。

clemente-cortile clemente-interno clemente-interno-1 clemente-cosmatesco


■サン・クレメンテ教会
San Clemete

Via Labicana 95, Piazza di San Clemente(おすすめの入り口はこちら)
200px-metropolitana_di_roma.svg  メトロB Colosseo(コロッセオ)駅

もしくは

バス 117番、85、87番など Via Labicana(ラビカーナ通り)




JavaScript must be enabled in order for you to use Google Maps.
However, it seems JavaScript is either disabled or not supported by your browser.
To view Google Maps, enable JavaScript by changing your browser options, and then try again.




 









Bookmark and Share

著作権おける注意事項

このホームページ内の文章・写真、画像、動画、書類の著作権はroma-apiedi.comにあり、これらの無断での加工・転送・配布は法律により禁じられております。

免責事項

当ホームページでは掲載する情報について、十分な注意を払っておりますが、内容について変動するものもあり、正確さ・妥当性について保証はするものではありません。

いかなる損害について責任を負うものではありません。事前に再確認してから情報をご利用ください。

 

スポンサーサイト