バラッコ美術館〜小ファルネジーナ宮殿





icone-m-barracco建物は小ファルネジーナと呼ばれているが、建物にある百合の紋章からファルネーゼ家のものとされていたかららしい。

ところが百合はフランス軍の百合の紋章である。それでも

小ファルネジーナの呼び名で変わらず呼ばれている。

ルネッサンス期の1523年にトーマス・ル・ロイの建物とし建てられた。

その後政治家ジョヴァンニ・バラッコの所有となり、

バロッコの古代彫刻のコレクションが美術館となった。

質の高い、と評されているが、実際に行ってみると

審美眼を持つコレクターのセンスが伝わってくる。

 

めずらしい彫刻としてエジプトの神、ベス。

あまり信仰が広まらなかったらしいが、その風貌に特徴がある。

ローマ近郊で発掘されたもので、イタリアにも信仰が広まりかけていたのがわかる。

断片でしかない像ひとつとっても美しく、

石棺もコレクター、ジョヴァンニ・バラッコのセンスが

伝わってくる。

 

 

大きい博物館ではないので、建物を楽しみながら、

待ち合わせの時間つぶしなど、ふらりと立ち寄りたいところ。

 

 

 

■ギャラリー(クリックで写真拡大)

 

 

     


     


 

 

 


■ バラッコ美術館

 Museo Barracco

 

ナヴォナ広場、カンポ・ディ・フィオーリなどから近い。

バス通りのヴィットーリオ・エマヌエーレⅡ世通り沿いにある。

バス40番、87番など。

 

Corso Vittorio EmanueleⅡ ,168 Roma

 

 

 

 

 





Bookmark and Share







著作権おける注意事項

このホームページ内の文章・写真、画像、動画、書類の著作権はroma-apiedi.comにあり、これらの無断での加工・転送・配布は法律により禁じられております。

免責事項

当ホームページでは掲載する情報について、十分な注意を払っておりますが、内容について変動するものもあり、正確さ・妥当性について保証はするものではありません。

いかなる損害について責任を負うものではありません。事前に再確認してから情報をご利用ください。

 

スポンサーサイト