古代ローマ人にも現代の猫にとっても聖域、アレア・サークラ





area-sacra-icone今は猫の聖地となっているこの場所、ユリウス・カエサルが暗殺された場所とされています。しかしその真偽はいまだ定かではありません。 また、ローマの街をまわる際に起点として

覚えておくと、ここでバスを乗り継いでいろいろな方面へ行くことができます。
名前の通り、聖域であるこの場所は4つも神殿が集まった聖域です。 これらの遺跡は1920年代に工事をしていて発見されたました。
神殿への階段がかろうじて残っているので、どのように神殿が並んでいたかをしのぶ事ができます。

area-sacra-1
猫の聖地と呼ばれているのは遺跡に降りると、迷い猫、捨て猫、病気の猫を保護するボランティアがいます。
ここで猫がお世話されているために、この遺跡にはたくさんの猫がいます。 ボランティアの活動資金になる猫グッズも販売しています。 遺跡とのんびりとした猫の風景がとても絵になります。

ローマの3本目の地下鉄C線の駅がこの辺りにできる予定でしたが、どうやら既に予定変更で、このあたりは飛ばすようです。
ラルゴ・ディ・トッレ・アルジェンティーナと呼ばれるこの場所は、交通の基点にすると便利です。
パンテオンやナヴォナ広場もここから歩ける範囲ですので、移動の際はここに来れば、いろいろな方面へのバスがでています。
また、トラステヴェレへ行くトラム8番もここから出ているので、覚えておきたい交通の起点です。

area-sacra-1 area-sacra-2 area-sacra-3

 


■ アレア・サークラ
Area Sacra

Largo di Torre Argentina

JavaScript must be enabled in order for you to use Google Maps.
However, it seems JavaScript is either disabled or not supported by your browser.
To view Google Maps, enable JavaScript by changing your browser options, and then try again.





Bookmark and Share







著作権おける注意事項

このホームページ内の文章・写真、画像、動画、書類の著作権はroma-apiedi.comにあり、これらの無断での加工・転送・配布は法律により禁じられております。

免責事項

当ホームページでは掲載する情報について、十分な注意を払っておりますが、内容について変動するものもあり、正確さ・妥当性について保証はするものではありません。

いかなる損害について責任を負うものではありません。事前に再確認してから情報をご利用ください。

 

スポンサーサイト