チルコ・マッシモ





circo-massimo-iconeパラティーノの丘とアヴェンティーノの丘にはさまれた、ローマで最大の古代ローマ時代の競技場。
紀元前4世紀の誕生から、549年に開催された最後の競技大会まで、人びとの楽しみの場でした。


野原となった今日も、人びとが憩い、時にはイベントが行われる場所として親しまれています。
2006年のサッカーワールドカップの頂点に立った時はここでパレードが行われました。

初代皇帝アウグストゥスの時代には、皇帝用のボックス席が設けられ、エジプトから持ち帰られたオベリスクが建立されました。
そのオベリスクは、バロックの時代に移設されて現在ではポポロ広場に建っています。

その後、コンスタンティヌス帝の時代には2本目のオベリスクが建立されましたが、こちらも移設されており、
現在はサン・ジョヴァンニ・イン・ラテラノ広場の洗礼堂のあるサイドに建っています。

パラティーノの丘の遺跡を眺めながらのんびり過ごすことができる、誰でも入ることができる遺跡の公園となっています。

現在はバロックの芸術に囲まれているナヴォナ広場も、ここと同様の競技場でした。
形からイメージできると思います。
ナヴォナ広場の北側には競技場への入口の遺跡が残っています。

circo-massimo


■ チルコ・マッシモ(キルクス・マキスムス)
Circo Massimo - Cirucus Maximus

Via del Circo Massimo

200px-metropolitana_di_roma.svg メトロB線 Circo Massimo(チルコ・マッシモ)駅下車

JavaScript must be enabled in order for you to use Google Maps.
However, it seems JavaScript is either disabled or not supported by your browser.
To view Google Maps, enable JavaScript by changing your browser options, and then try again.





Bookmark and Share

著作権おける注意事項

このホームページ内の文章・写真、画像、動画、書類の著作権はroma-apiedi.comにあり、これらの無断での加工・転送・配布は法律により禁じられております。

免責事項

当ホームページでは掲載する情報について、十分な注意を払っておりますが、内容について変動するものもあり、正確さ・妥当性について保証はするものではありません。

いかなる損害について責任を負うものではありません。事前に再確認してから情報をご利用ください。

 

スポンサーサイト