神殿が教会になった、サン・ニコラ・イン・カルチェレ教会





nicola-iconeカルチェレはイタリア語で牢獄という意味になり、穏やかな名前ではないが、中世に牢獄として使われていたことからこの名前がついている。


この界隈は古代ローマ時代は野菜市場があり、古代ローマの中心部とテヴェレを結ぶ通りや、

ユピテルやヤヌスの神殿があった。この教会はその神殿の遺構をキリスト教会に

したものである。

 

外壁に柱が塗りこめられているのがわかる。
教会の内部からも塗りこめられた柱を見ることができる。

教会内部の身廊と側廊をわける柱も、古代ローマ時代の遺跡を再利用しているが、

列柱の種類がふぞろいなところが、中世ローマの財政難を物語っています。

その後、教会は1500年代に再構築されることになるが、

鐘楼は中世に建てられたものが今日までそのまま残っている。

この教会の脇にはマルチェッロ劇場跡があるが、そこに居を構えたオルシーニ家の人びとがすぐにこの教会に

入ることができるようにつくった扉が、東側に残っている。

 

希望すれば地下の遺跡も見ることができる。


nicola-facciata nicola-interno-1 nicola-interno nicola  nicola-porta


■ サン・ニコラ・イン・カルチェレ教会 聖ニコラウスの牢獄教会
San Nicola in Carcere

Via del Teatreo di Marcello, 46 Roma

 

 

 

 

 

 

 





Bookmark and Share







著作権おける注意事項

このホームページ内の文章・写真、画像、動画、書類の著作権はroma-apiedi.comにあり、これらの無断での加工・転送・配布は法律により禁じられております。

免責事項

当ホームページでは掲載する情報について、十分な注意を払っておりますが、内容について変動するものもあり、正確さ・妥当性について保証はするものではありません。

いかなる損害について責任を負うものではありません。事前に再確認してから情報をご利用ください。

 

スポンサーサイト